故ジュース・ワールド、死因が明らかに

2020/01/23 16:05

故ジュース・ワールド、死因が明らかに
故ジュース・ワールド、死因が明らかに


 2019年12月8日に21歳の若さで亡くなったジュース・ワールドの死因が、オキシコドンとコデインの過剰摂取だったことが、米イリノイ州クック郡の検視局によって発表された。
 同検視局によるツイートには「検視局は、当時21歳のジャラード・アンソニー・ヒギンズ(ジュース・ワールドの本名)の死因と死亡の様態を特定しました。ヒギンズ氏は、オキシコドンとコデインの過剰摂取により亡くなりました」と綴られており、「事故死」と断定されている。
 12月8日の早朝、米ロサンゼルスから地元シカゴへ移動していた故ジュース・ワールドは、ミッドウェー空港に到着した際にターミナルで発作を起こした。その後、現地の病院へ搬送されたが、数時間後に死亡が確認された。

あわせて読みたい

  • エミネム、コラボ曲「Godzilla」のMVで故ジュース・ワールドを追悼

    エミネム、コラボ曲「Godzilla」のMVで故ジュース・ワールドを追悼

    Billboard JAPAN

    3/10

    故マック・ミラー、死因となった偽造薬物を供給した男が懲役10年11か月の実刑判決

    故マック・ミラー、死因となった偽造薬物を供給した男が懲役10年11か月の実刑判決

    Billboard JAPAN

    4/19

  • 故マック・ミラーへ死の直前にドラックを売った男性が起訴

    故マック・ミラーへ死の直前にドラックを売った男性が起訴

    Billboard JAPAN

    9/5

    米ラッパーのジュース・ワールド、21歳で死去

    米ラッパーのジュース・ワールド、21歳で死去

    Billboard JAPAN

    12/9

  • 故マック・ミラー、死因は薬物とアルコールの過剰摂取と断定

    故マック・ミラー、死因は薬物とアルコールの過剰摂取と断定

    Billboard JAPAN

    11/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す