【ビルボード】King Gnu 『CEREMONY』、前作『Sympa』の10倍以上の初週DL数でダウンロードAL首位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】King Gnu 『CEREMONY』、前作『Sympa』の10倍以上の初週DL数でダウンロードAL首位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】King Gnu 『CEREMONY』、前作『Sympa』の10倍以上の初週DL数でダウンロードAL首位に

【ビルボード】King Gnu 『CEREMONY』、前作『Sympa』の10倍以上の初週DL数でダウンロードAL首位に


 2020年1月27日付(集計期間:2020年1月13日~1月19日)のBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”は、King Gnuの『CEREMONY』が、初登場首位を獲得した。

 本作は、King Gnuが1月15日に発売した3作目のフル・アルバムだ。約1年前となる2019年1月19日にリリースされた前作『Sympa』の初週順位は4位、ダウンロード数は2,432DLだったが、本作『CEREMONY』は初週で1位を獲得したことにのみならず、初週のダウンロード数は29,377DLと10倍以上も増加。この1年でKing Gnuがファン層を広げたことが良く分かる結果となった。そして、本作のリリースによるプロモーション効果によって、前作『Sympa』と1stアルバム『Tokyo Rendez-Vous』のダウンロード数が、いずれも増加した。

 続く2位はSuperflyの『0』。NHK連続テレビ小説『スカーレット』の主題歌「フレア」など計11曲を収録する本作は、初週ダウンロード数は2,997DLとなっている。また、ジェジュンの『愛謡』が2,711DLで4位、RYUJI IMAICHIの『ZONE OF GOLD』は1,287DLで5位となった。


◎【Download Albums】トップ10
1位『CEREMONY』King Gnu(29,377ダウンロード)
2位『0』Superfly(2,997ダウンロード)
3位『Traveler』Official髭男dism(2,750ダウンロード)
4位『愛謡』ジェジュン(2,711ダウンロード)
5位『ZONE OF GOLD』RYUJI IMAICHI(1,287ダウンロード)
6位『Wake Up, Girls!Solo Collection -7 Stars-』Wake Up, Girls!(1,106ダウンロード)
7位『Sympa』King Gnu(1,064ダウンロード)
8位『HYPERTOUGHNESS』Fear, and Loathing in Las Vegas(973ダウンロード)
9位『すとろべりーねくすとっ!』すとぷり(966ダウンロード)
10位『好きすぎてやばい。~告白実行委員会キャラクターソング集~』HoneyWorks(917ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい