桑田佳祐が旗振る【KUWATA CUP 2020】、全国ラジオ局横断企画でZIP-FMが優勝 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

桑田佳祐が旗振る【KUWATA CUP 2020】、全国ラジオ局横断企画でZIP-FMが優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
桑田佳祐が旗振る【KUWATA CUP 2020】、全国ラジオ局横断企画でZIP-FMが優勝

桑田佳祐が旗振る【KUWATA CUP 2020】、全国ラジオ局横断企画でZIP-FMが優勝

桑田佳祐が旗を振る史上最大のボウリング大会『KUWATA CUP 2020』と連動して実施されていた全国ラジオ局横断企画『KUWATA CUP 2020 WITH RADIO』にて、愛知県のFMラジオ局“ZIP-FM”が優勝局に輝いた。

 昨年に続き第二回開催となった『KUWATA CUP 2020』は先週末に予選大会が終了。桑田佳祐が旗を振るスポーツイベントとあり、協力メディアに全国のラジオ局が名を連ねている同大会は、音楽とボウリングのクロスオーバーにより新たな形のエンターテインメントとなっている。

 それを牽引しているのが桑田佳祐によるユニット“桑田佳祐 & The Pin Boys”で、昨年リリースした「レッツゴーボウリング」に続き、『KUWATA CUP 2020』大会公式ソングとして「悲しきプロボウラー」を2月12日にリリースする。

 同曲は多くのラジオ局ではパワープレイされており、早くも1月15日付の全国ラジオオンエアチャートで1位を獲得した。(プランテック調べ)

 そんななか「悲しきプロボウラー」の発売を記念して開催された『KUWATA CUP 2020 WITH RADIO』は、協力メディアとして参加している全国ラジオ局で一番ボウリングが上手い局を決めるもの。昨年はJ-WAVE(81.3FM)が優勝した。

 今年も各局のパーソナリティーから選ばれたボウリング腕自慢の代表選手が『KUWATA CUP 2020』一般アマチュア部門に参加しスコアを競い合うなか、参加期間が終了し厳正なる集計の結果、愛知県のFMラジオ局「ZIP-FM」が栄えある栄冠を手にした。出場選手であるナビゲーターのJUN(BANTY FOOT)が3ゲームトータルで478点を叩き出したそうだ。

 2位は広島県の「広島FM」DJの神原隆秀が474点、3位は大阪府の「FM COCOLO」DJのマーキーが443点という結果となった。

 なお、1位に輝いた「ZIP-FM」にはリスナープレゼント用の企画ロゴ&局ロゴ入り特製コラボマイボール、通称“KUWATA CUP 2020 WITH RADIO特製・お年玉ボウル”が10球進呈される。


◎リリース情報
桑田佳祐 & The Pin Boys
シングル「悲しきプロボウラー」(日本ボウリング競技 公式ソング / KUWATA CUP 2020公式ソング)
[発売日]:2020年2月12日(水)
<完全生産限定盤> VIZL-2050 / 1,500円(tax out)
<完全生産限定盤(ボウリング場限定パッケージ)> NZS-810 / 1,500円(tax out)
<通常盤> VICL-38600 / 600円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい