『1月17日はなんの日?』80年代を席巻したバングルス、スザンナ・ホフスの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『1月17日はなんの日?』80年代を席巻したバングルス、スザンナ・ホフスの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『1月17日はなんの日?』80年代を席巻したバングルス、スザンナ・ホフスの誕生日

『1月17日はなんの日?』80年代を席巻したバングルス、スザンナ・ホフスの誕生日


 1月17日は80年代にヒットチャートを賑わせたガールズ・バンド、バングルスのボーカリスト、スザンナ・ホフスの61歳の誕生日。

 1959年1月17日、アメリカ・ロサンゼルス生まれのホフスは、ヴィッキー&デビーのピーターソン姉妹らとともにバングルスを結成。1984年にアルバム『気分はモノクローム / All Over The Place』でデビューし、86年にプリンス作曲の「マニック・マンデー」が全米ビルボード2位の大ヒットを記録し、一躍ブレイクを果たした。続いて「エジプシャン / Walk Like an Egyptian」で初の全米ビルボードNo.1を獲得。収録アルバム『シルバー・スクリーンの妖精 / Different Light』も全米ビルボード・アルバムチャート2位に輝いている。その後も1989年にバラード曲「胸いっぱいの愛 / Eternal Flame」でバンド史上2曲目の全米ビルボードNo.1に。ほかにも、サイモン&ガーファンクルの「冬の散歩道」のカバー(1988年)や「イン・ユア・ルーム」(1989年)などヒット曲を連発し、80年代後半のポップ・シーンを象徴するバンドとなった。バンドは89年に解散したが、その後10年の歳月を経て、ホフスの夫であるジェイ・ローチ監督作『オースティン・パワーズ:デラックス』(1999年)のサウンドトラック制作のために再結成を果たしている。

 近年はソロ活動のほか、マシュー・スウィートとの名曲カバー・シリーズ『Under the Covers』も注目を集め、昨年3月に開催されたロックの殿堂式典では、同プロジェクトでもカバーしているモット・ザ・フープル「すべての若き野郎ども」のパフォーマンスをイアン・ハンター、デフ・レパード、ブライアン・メイらとともに行っている。また、ホフスは今月28日に開催される【グラミー賞』主催によるプリンスのトリビュート・コンサート【Let's Go Crazy: The Grammy Salute to Prince】への出演も決定している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい