<インタビュー>芳根京子 『記憶屋』主題歌の中島みゆき「時代」と自身が演じたキャラクターの完璧すぎるシンクロに「真希のことだって思いました」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<インタビュー>芳根京子 『記憶屋』主題歌の中島みゆき「時代」と自身が演じたキャラクターの完璧すぎるシンクロに「真希のことだって思いました」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
<インタビュー>芳根京子 『記憶屋』主題歌の中島みゆき「時代」と自身が演じたキャラクターの完璧すぎるシンクロに「真希のことだって思いました」

<インタビュー>芳根京子 『記憶屋』主題歌の中島みゆき「時代」と自身が演じたキャラクターの完璧すぎるシンクロに「真希のことだって思いました」


 山田涼介が主演する映画『記憶屋 あなたを忘れない』が1月17日より公開する。本作で山田は恋人の記憶を取り戻すため記憶屋探しに奔走する大学生・遼一を演じているが、今回、遼一の幼馴染・真希を演じた芳根京子がBillboard JAPANのインタビューに応えてくれた。

 本作で山田と初共演を果たした芳根は、演じた役柄が幼馴染ということもあり、撮影中は互いに「遼ちゃん」「真希」と呼び合っていたという。「山田さんからタメ口で話そうって声をかけてもらったんですけど、『無理です』って言ったんです(笑)。でもその優しさにホッとしましたし、この一言のおかげで一気に緊張が和らぎました。でも、久しぶりにお会いしたらきっと緊張して、また山田さんって呼んじゃうと思います(笑)」と山田との出会いを振り返った。

 別のインタビューで、山田は台本読み合わせの際、大号泣する芳根に衝撃を受けたと話しているが、その点について本人に聞いたところ、「号泣は私の涙腺のゆるさのせいで、私が涙もろい結果、泣いてしまったんです。山田さんが隣の席に座られていたので出来るだけ隠していたのですが、見られちゃいましたね(笑)。でも、それくらいこの映画は素敵な作品なんです」とその経緯を明かしてくれた。その真希と遼一の関係について芳根は「真希は上京しても広島弁で話していて、ずっと地元が大好きな子なんですけど、遼ちゃんは真希と話すときだけ広島弁で、他の人と話すときは標準語を話す遼ちゃんを見て、真希はちょっと悲しく思っています」と説明する。

 本作には芳根がヒロインを演じたNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で共演した蓮佛美沙子も出演する。朝ドラでは、芳根が演じたヒロインの姉役を蓮佛が演じていたが、彼女との印象的だったシーンを訊ねると、「朝ドラでは基本的に私が蓮佛さんに抱きしめてもらって、『大丈夫、大丈夫』って励まされていた役だったのですが、今回はほんの一瞬だけですけど、私が蓮佛さんを抱きしめるシーンがあるんです。ポジティブなシーンではないですが、私はすごく嬉しかったです」と微笑ましいエピソードを語ってくれた。

 本作の主題歌には中島みゆきの名曲「時代」が起用されている。「ビックリしたのと嬉しいという気持ちになりました。誰もが知ってる名曲だからこそ、より多くの方にこの映画を観てもらえるのかなと思います」と、主題歌を知ったときの印象を語った芳根。芳根が「Aメロを聞いた瞬間、『これ、真希のことだ!』って思いました(笑)」と語っているが、劇場でこの映画を鑑賞する際は、エンドロールでこの曲の歌詞に注目してみてほしい。


Text & photos by Mariko Ikitake

◎公開情報
『記憶屋 あなたを忘れない』
1月17日(金)より、全国ロードショー
監督:平川雄一朗
出演:山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、泉里香、田中泯ほか
配給:松竹
(C)2020「記憶屋」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい