大橋トリオ、新アルバムの内容が明らかに 「Lady」のバンドアレンジも収録

Billboard JAPAN

 大橋トリオが2月19日に発売するニューアルバム『This is music too』の内容が発表された。
 本作は、マチルダ、VENUSに代表されるタイトなグルーブが最高に格好良いロック感溢れる「LOTUS」に始まり、70'sのSoul Funkを彷彿とさせるメロウグルーブが全快の「ポラリス」、サウンドの美しき探求に満ちた「LIFE」、極上のメロディーとサウンドに引き込まれる「青月浮く海」など多彩な音楽キャリを重ねた大橋トリオならではの楽曲が詰まった内容となる。また「Let us go」、「Ways and scenes」(作曲:Akiko Higashikawa)や「quiet storm」(作詞曲:Ray Kondo)など、今までにない旋律に加え、リリースから10年以上経過した「Lady」のバンドアレンジ「Lady (2020)」も収録される。なお、【初回生産限定盤】にはソールドアウト公演となった【ohashiTrio & THE PRETAPORTERS YEAR END PARTY LIVE 2019】(NHK Osaka Hall)でのライブ映像が収録される。


◎リリース情報『This is music too』
2020/2/19 RELEASE
<初回生産限定盤(CD+DVD)>
RZCB-87019/B 5,300円(tax out)

<初回生産限定盤(CD+Blu-ray)>
RZCB-87020/B 5,500円(tax out)
<通常盤(CDのみ)>
RZCB-87021 3,000円(tax out)

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック