【ビルボード】木村拓哉『Go with the Flow』が総合アルバム首位 HIROOMI TOSAKA/ヒゲダンが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】木村拓哉『Go with the Flow』が総合アルバム首位 HIROOMI TOSAKA/ヒゲダンが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】木村拓哉『Go with the Flow』が総合アルバム首位 HIROOMI TOSAKA/ヒゲダンが続く

【ビルボード】木村拓哉『Go with the Flow』が総合アルバム首位 HIROOMI TOSAKA/ヒゲダンが続く


 2020年1月20日付(集計期間:2020年1月6日~1月12日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、木村拓哉の『Go with the Flow』が初登場で総合首位を獲得した。

 本作には、稲葉浩志や[Alexandros]の川上洋平、槇原敬之、森山直太朗、小山田圭吾、Uruらといったアーティストが楽曲提供した13曲が収録されている。配信がなかったものの、CDセールスでは初動3日間で91,802枚、その後さらに枚数を伸ばし当週130,008枚を売り上げて首位。CDセールスで大きくポイントを獲得し、2位となったルックアップのポイントも加わって、総合2位の約3倍のポイントを獲得して総合アルバム・チャート首位となった。

 続いて、HIROOMI TOSAKAの『Who Are You?』がCDセールス2位、ダウンロード5位とポイントを積み上げて、総合2位に初登場した。1月23日からは、今市隆二と【LDH PERFECT YEAR 2020 SPECIAL SHOWCASE RYUJI IMAICHI / HIROOMI TOSAKA】と名付けられた2人のソロツアーが一度に見れるライブが開催される。そして3位には、Official髭男dismの『Traveler』が続いている。本作は2019年10月9日にリリースされた作品であるものの、年末の露出効果が2020年に入っても続いており、CDセールス7位、ダウンロードとルックアップでは1位を獲得している。ダウンロード1位獲得は11月18日付チャート以来で、ルックアップは11月4日付以降、12週連続で1位を獲得している。

 また、総合4位には韓国女性7人組グループのOH MY GIRLの日本での3rdアルバム『Eternally』が、総合5位には中島みゆきの43枚目のオリジナル・アルバム『CONTRALTO』が初登場でチャートインしている。

 6位以下の動きでは、倉木麻衣の『Mai Kuraki Single Collection ~Chance for you~』が前週25位から20位に浮上している。CDリリースは2019年12月25日だったが、2020年1月8日に配信でもリリースを開始。ダウンロードでもポイントを獲得することになり、前週よりも高いポイントを出して順位浮上となった。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『Go with the Flow』木村拓哉
2位『Who Are You?』HIROOMI TOSAKA
3位『Traveler』Official髭男dism
4位『OH MY GIRL JAPAN 3rd ALBUM『Eternally』』OH MY GIRL
5位『CONTRALTO』中島みゆき
6位『新世紀』ポルカドットスティングレイ
7位『Diver』増田俊樹
8位『20200101』香取慎吾
9位『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』椎名林檎
10位『WE DO』いきものがかり
11位『天気の子 complete version』RADWIMPS
12位『アナと雪の女王2 オリジナル・サウンドトラック』(サウンドトラック)
13位『Buster Bros!!! –Before The 2nd D.R.B-』Buster Bros!!!
14位『Sympa』King Gnu
15位『P.o.P -PERS of Persons-』福山潤
16位『BOOTLEG』米津玄師
17位『Five Leaves』Uncle Bomb
18位『LOVE』菅田将暉
19位『エスカパレード』Official髭男dism
20位『Mai Kuraki Single Collection ~Chance for you~』倉木麻衣


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい