ギャランティスとチャーリーXCXがコラボ USJにオープンの『SUPER NINTENDO WORLD』MVが公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ギャランティスとチャーリーXCXがコラボ USJにオープンの『SUPER NINTENDO WORLD』MVが公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ギャランティスとチャーリーXCXがコラボ USJにオープンの『SUPER NINTENDO WORLD』MVが公開

ギャランティスとチャーリーXCXがコラボ USJにオープンの『SUPER NINTENDO WORLD』MVが公開


 ユニバーサルジャパンに新しくオープンするテーマパーク『SUPER NINTENDO WORLD』の開業記念ミュージック・ビデオが解禁された。
その他画像

 本映像のために書き下ろされた「WE ARE BORN TO PLAY」を手掛けたのは、ギャランティスとチャーリーXCX。日常を飛び出してエリアに入れば 世界中の誰もが持つ 「アソビ」の本能を刺激されて、子どもの頃に戻ったかのように自分を解放して遊ぶことのできる『SUPER NINTENDO WORLD』での体験が表現されている。一番好きなゲームはマリオカートだというギャランティスは、「スーパーマリオの素晴らしく大切なテーマソングを損なわずにGalantisらしさを吹き込むのは大きな挑戦」だったとコメント。仕上がったミュージックビデオを見た時には、鳥肌が立ったと、本プロジェクトに携わることができたことへの喜びを表現した。

 また、同じく任天堂の大ファンであるチャーリーXCXは子供の頃からゲームボーイで遊んでいたそう。本楽曲の歌詞には「スーパースター」「ジャンプ」「パワーアップ」 など、マリオの世界を象徴するワード がふんだんに登場するが、チャーリーXCXにとって一番重要なキャッチコピーは「WE ARE BORN TO PLAY」だという。チャーリーXCXは、「WE ARE BORN TO PLAY」は、パークに遊びにきたゲストが体験できる価値を表していると述べ、「人々が『素晴らしい時間を過ごしたい』とか、『自由になって日常から休息して人生をたのしみたい』っていう、人々が本当は考えていることを表している」と楽曲へ込めた想いを説明した。

 『SUPER NINTENDO WORLD』は、世界中で人気を集める任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにした、世界初となる壮大なエリア。2020年夏に開業が予定されている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい