ビースティ・ボーイズ、スパイク・ジョーンズ監督とフォト・ブックで再タッグ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ビースティ・ボーイズ、スパイク・ジョーンズ監督とフォト・ブックで再タッグ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ビースティ・ボーイズ、スパイク・ジョーンズ監督とフォト・ブックで再タッグ

ビースティ・ボーイズ、スパイク・ジョーンズ監督とフォト・ブックで再タッグ


 ビースティ・ボーイズが、長年のコラボレーターであるスパイク・ジョーンズ監督と再びタッグを組み、2020年3月17日にRizzoliよりフォト・ブックを出版することが明らかになった。

 『Beastie Boys』と題された256ページのフォト・ブックには、ジョーンズが手掛けたビースティ・ボーイズの「Sabotage」(1994年)のミュージック・ビデオや1999年にバンドが発表したベスト盤『アンソロジー~サウンズ・オブ・サイエンス』のアートワークの撮影現場のスナップなど、バンドのキャリアを通じて捉えた写真の数々がフィーチャーされる。ジョーンズは今作のあとがきも担当しており、メンバーのマイクDとアドロックによるテキストも含まれる予定だ。

 なおジョーンズは、2018年に発売された写真やインタビューなど592ページに及ぶバンドの自伝『Beastie Boys Book』にも作品を提供している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい