【ビルボード】EXILE / EXILE THE SECOND『愛のために ~for love, for a child~ / 瞬間エターナル』が40,276枚でSGセールス首位 紅白の影響も 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】EXILE / EXILE THE SECOND『愛のために ~for love, for a child~ / 瞬間エターナル』が40,276枚でSGセールス首位 紅白の影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】EXILE / EXILE THE SECOND『愛のために ~for love, for a child~ / 瞬間エターナル』が40,276枚でSGセールス首位 紅白の影響も

【ビルボード】EXILE / EXILE THE SECOND『愛のために ~for love, for a child~ / 瞬間エターナル』が40,276枚でSGセールス首位 紅白の影響も


 EXILEとEXILE THE SECONDのスプリットシングル『愛のために ~for love, for a child~ / 瞬間エターナル』が当週40,276枚を売り上げて、2020年1月13日付の週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”で首位を獲得した。

 2位には、竹内まりや『いのちの歌』が当週7,589枚を売り上げてチャートイン。1月1日に『いのちの歌(スペシャル・エディション)』として、2012年既発シングルの初回限定盤に、「人生の扉」のライヴ映像を付属した形でリリースしている。そして、Foorin『パプリカ』が当週5,627枚を売り上げて3位、LiSA『紅蓮華』が当週4,796枚を売り上げて4位となっており、『第70回NHK紅白歌合戦』の放送を受けて前週より枚数を伸ばし、さらに年末年始のリリース作が少なかったことも相まって順位を上昇させている。

 5位には、ラストアイドル『青春トレイン』が当週3,601枚を売り上げて続いており、累計売上枚数は131,715枚となった。

 6位以下の動きでは、『紅白歌合戦』でも披露された日向坂46『キュン』が当週1,149枚を売り上げて前週の53位から20位に、Official髭男dism『Pretender』と欅坂46『不協和音』もそれぞれ前週の100位圏外から55位、56位と順位を上げている。また、欅坂46『サイレントマジョリティー』が当週で累計売上を500,022枚とし、50万枚を突破した。


◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2019年12月30日~2020年1月5日までの集計)
1位『愛のために ~for love, for a child~ / 瞬間エターナル』EXILE / EXILE THE SECOND(40,276枚)
2位『いのちの歌』竹内まりや(7,589枚)
3位『パプリカ』Foorin(5,627枚)
4位『紅蓮華』LiSA(4,796枚)
5位『青春トレイン』ラストアイドル(3,601枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい