家入レオ、新曲「未完成」MVに24歳ラスト“ありのまま”の姿 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

家入レオ、新曲「未完成」MVに24歳ラスト“ありのまま”の姿

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
家入レオ、新曲「未完成」MVに24歳ラスト“ありのまま”の姿

家入レオ、新曲「未完成」MVに24歳ラスト“ありのまま”の姿


 家入レオが、2019年1月29日にシングル・リリースする新曲「未完成」のミュージックビデオを公開した。

 1月6日21時よりスタートのフジテレビ系月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の主題歌として書き下ろされた新曲「未完成」。MVは、昨年12月に発売となったライブ映像作品『DUO ~7th Live Tour~』の監督を務めたウスイヒロシが監督を担当。タイトルの「未完成」という言葉や、家入との打ち合わせの中で出てきた「等身大」「歪な感情」というフレーズから映像のイメージを膨らませたという。

 全身黒の衣装に身を包んだ家入が、バンドを背にスタンドマイクで歌唱しているシーンは、実際にバンドメンバーは実在するもののシルエットのみで表現。その他の歌唱シーンも左右から交互にライティングをしたり、家入の影を印象付けるために3メートルほどの脚立の上にカメラをセッティングして撮影するなど、「白と黒」「光と影」の演出が施された。カギとなる家入の顔にクローズアップしたシーンには、既に「未完成」予告編として公開されているシーンの他、笑顔や泣き顔など、“ありのまま”の家入の姿がふんだんに収められている。

 なお、撮影は25歳の誕生日前日である12月12日に実施され、ラストカットを終えたのは23時58分。24歳の最後に、愛情、憎しみ、悲しみなど家入が持つ様々な感情をさらけ出して挑んだ作品が、家入25歳初のミュージックビデオとなった。



◎家入レオ コメント
撮影現場の笑顔や涙は自分を追い込むことなく、作ることなく、歌うだけで自然発生したものです。怒りも悲しみも憎しみも、全て、上手に伝えられず私の中に残ってしまった愛だと思います。普遍的な愛への爆発です。ウスイ監督なしでは、撮影し得なかった作品です。本当にありがとうございました。

◎リリース情報
シングル『未完成』
2020/01/29 RELEASE
<初回限定盤A(CD+DVD)>
VIZL-1719 / 1,800円(tax out)
<初回限定盤B(CD)>
VIZL-1720 / 1,800円(tax out)
<通常盤(CD)>
VICL-37518 / 1,200円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい