スティーヴ・ヴァイ×春畑道哉、ギタリスト対談&ギター誌表紙でツーショット実現 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スティーヴ・ヴァイ×春畑道哉、ギタリスト対談&ギター誌表紙でツーショット実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
スティーヴ・ヴァイ×春畑道哉、ギタリスト対談&ギター誌表紙でツーショット実現

スティーヴ・ヴァイ×春畑道哉、ギタリスト対談&ギター誌表紙でツーショット実現

2020年1月10日発売の雑誌「YOUNG GUITAR 2月号」にて、スティーヴ・ヴァイ×春畑道哉(TUBE)の米日ギタリスト対談&ツーショット表紙が実現した。

 かねてより春畑はリスペクトするギタリストにスティーヴ・ヴァイの名を挙げていた。2人は、長きに渡って音楽シーンの第一線で活躍し、バンドと並行してソロとしてのキャリアを築き、ハード・ロック/メタルからジャズ/フュージョン、ポップスetcといった幅広い音楽性を有しつつ、メロディーとエモーションに満ちたプレイを得意とする…など共通項は多い。

 2020年の新春を飾る特別企画として、YOUNG GUITAR編集部からスーパーギタリスト5人による“GENERATION AXE”で来日するスティーヴ・ヴァイと、新曲「Kingdom of the Heavens」を完成させたばかりの春畑に対談を打診したところ、両者が快諾した。

 撮影と対談は11月29日、GENERATION AXEの豊洲PIT公演当日のショウ前に行われ、リハーサルまでの僅かな時間ではあったが、ギターに対する信念やアプローチを真摯に語り合った2人。志を同じくする“ギタリスト/ミュージシャン”としてお互いにシンパシーを感じていた様子で、終始和気藹々と会話が進んでいった。

 インタビューでは、スティーヴが「君の新曲(「Kingdom of the Heavens」)を聴かせてもらったよ。とても壮大な曲で、何と言うか…凄く“自由”な印象で感動したよ!」と春畑の新曲についてコメント。互いのピックを交換する一幕もみられた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい