【ビルボード】Official髭男dism 「Pretender」がストリーミング31連覇 嵐/King Gnu新曲が初登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】Official髭男dism 「Pretender」がストリーミング31連覇 嵐/King Gnu新曲が初登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】Official髭男dism 「Pretender」がストリーミング31連覇 嵐/King Gnu新曲が初登場

【ビルボード】Official髭男dism 「Pretender」がストリーミング31連覇 嵐/King Gnu新曲が初登場

 2019年12月30日付(集計期間:2019年12月16日~12月22日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”は、Official髭男dismの「Pretender」が5,645,464回再生で31連覇を達成した。

 トップ6までは前週と順位変わらず。back numberの「クリスマスソング」は前週9位より2ランクアップし、自身最高となる週間7位を記録した。またOfficial髭男dismは、トップ10中5曲が占拠する状態が12週目に突入。Official髭男dismは、当週トップ100にチャートインした9曲すべてが前週より再生数増となった。

 14位には、164.9万回再生を記録したKing Gnuの「Teenager Forever」が初登場。同曲は2020年1月15日にリリースされるニュー・アルバム『CEREMONY』に収録予定の楽曲だ。なおKing Gnuは、当週トップ100に計10曲がチャートイン。この数字は、Official髭男dism(9曲)、あいみょん(7曲)を抜いて当週最多のエントリーとなる。

 12月20日にメンバーソロを含む全楽曲のストリーミング配信をスタートしたサザンオールスターズは、代表曲の「TSUNAMI」が62.7万回再生を記録し76位に登場。同じく12月20日にリリースとなった嵐「A-RA-SHI : Reborn」は、137.2万回再生を記録して22位に初登場を果たした。どちらも週後半のリリースにもかかわらず、トップ100入りする人気を見せており、集計がフルになる次週以降のチャートアクションにも注目だ。

 さらに95位には、トーンズ・アンド・アイの「ダンス・モンキー」が初チャートイン。同曲は8月にリリースされた1stEP『The Kids Are Coming』に収録されている楽曲で、全豪チャートでは21週連続、全英チャートでは11週連続で首位をキープしている。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「Pretender」Official髭男dism(5,645,464回再生)
2位「白日」King Gnu(4,273,542回再生)
3位「イエスタデイ」Official髭男dism(3,526,635回再生)
4位「宿命」Official髭男dism(3,409,388回再生)
5位「紅蓮華」LiSA(3,347,982回再生)
6位「マリーゴールド」あいみょん(2,536,791回再生)
7位「クリスマスソング」back number(2,509,912回再生)
8位「ノーダウト」Official髭男dism(2,413,806回再生)
9位「115万キロのフィルム」Official髭男dism(2,344,960回再生)
10位「まちがいさがし」菅田将暉(2,008,376回再生)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい