Da-iCE、勝地涼主演ドラマ『破天荒フェニックス』主題歌を書き下ろし 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Da-iCE、勝地涼主演ドラマ『破天荒フェニックス』主題歌を書き下ろし

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Da-iCE、勝地涼主演ドラマ『破天荒フェニックス』主題歌を書き下ろし

Da-iCE、勝地涼主演ドラマ『破天荒フェニックス』主題歌を書き下ろし


 1月3日からテレビ朝日系で放送される新春3夜連続ドラマ『破天荒フェニックス』の主題歌をDa-iCEが担当することがわかった。

 同作は田中修治の小説小説『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』をもとにした作品。大赤字のメガネチェーンを買収した1人の若者が、仲間と力を合わせて、絶体絶命のピンチを何度も乗り越え世界進出するというあらすじで、主演を勝地涼が務めるほか、伊藤淳史、瀧本美緒らが出演する。

 主題歌となる「Phoenix」は、リーダーの工藤大輝が原作を読み作曲、ボーカル兼パフォーマーの花村想太と共に歌詞を書き下ろした新曲。Da-iCEが地上波のドラマタイアップを担当するのは今作で5作目、工藤が作詞・作曲の両方を手掛けた楽曲が起用されるのは最新シングル「BACK TO BACK」から2作連続となる。

 工藤は、「作品を読ませていただいた上で、世界観に沿ったフレーズを散りばめつつ決意や熱意を表現した詞を書かせていただきました。曲調もドラマの映像に合うようにシンプルながら勢いとインパクトを持たせながらDa-iCEの色も損なわないように仕上げたので、是非沢山の方に聴いていただけたら幸いです」とコメント。ゼネラルプロデューサー大川武宏は、今回の主題歌起用に際し「原作にある「熱」を表現してくれる主題歌を探す中でDa-iCEさんと出会いました。ビーム光線のように響くツインボーカルと固い絆を感じる高いパフォーマンスにドラマとの共通項を感じました。完成した『Phoenix』を初めてドラマの絵に合わせた時、あまりのシンクロ率に鳥肌がたちました。ドラマの登場人物たちが心が怯むようなトラブルに立ち向かう時に強く勢いをつけてくれます。テンションが上がり、何度も聞きたくなる中毒性のあるグルーブいただきました。様々な分野で挑戦する人への2020年最初の応援歌の誕生です」と語っている。

(C)テレビ朝日


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい