【ビルボード】豆柴の大群『りスタート』が68,219枚売り上げてSGセールス首位獲得 水ダウの企画から誕生 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】豆柴の大群『りスタート』が68,219枚売り上げてSGセールス首位獲得 水ダウの企画から誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】豆柴の大群『りスタート』が68,219枚売り上げてSGセールス首位獲得 水ダウの企画から誕生

【ビルボード】豆柴の大群『りスタート』が68,219枚売り上げてSGセールス首位獲得 水ダウの企画から誕生


 豆柴の大群『りスタート』が初週68,219枚を売り上げて、2019年12月30日付の週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”で首位を獲得した。

 豆柴の大群はTBS系列のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』の企画『MONSTER IDOL(モンスターアイドル)』から誕生したアイドルグループ。本作は12月19日に全国のタワーレコード限定でリリースされ、集計期間が3日間という短い期間となったものの、同チャート首位となった。

 2位には、ONEUS『808』が初動3日間で36,662枚、当週38,120枚を売り上げてチャートイン。そして3位にはDa-iCE『BACK TO BACK』が初動3日間で32,607枚、当週35,445枚を売り上げて続いている。

 そして、乃木坂46『夜明けまで強がらなくてもいい』が当週25,087枚で4位に、シャイニーカラーズ『THE IDOLM@STER SHINY COLORS FUTURITY SMILE』が当週15,485枚で5位にチャートインしている。これで『夜明けまで強がらなくてもいい』の累計売上は1,294,455枚となった。

 6位以下の動きでは、関ジャニ∞『友よ』が当週5,241枚を売り上げており、これで累計売上が305,057枚と30万枚を突破した。


◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2019年12月16日~2019年12月22日までの集計)
1位『りスタート』豆柴の大群(68,219枚)
2位『808』ONEUS(38,120枚)
3位『BACK TO BACK』Da-iCE(35,445枚)
4位『夜明けまで強がらなくてもいい』乃木坂46(25,087枚)
5位『THE IDOLM@STER SHINY COLORS FUTURITY SMILE』シャイニーカラーズ(15,485枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい