adieu(上白石萌歌)、初ライブで音楽活動への意気込みを語る 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

adieu(上白石萌歌)、初ライブで音楽活動への意気込みを語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
adieu(上白石萌歌)、初ライブで音楽活動への意気込みを語る

adieu(上白石萌歌)、初ライブで音楽活動への意気込みを語る


 adieu(上白石萌歌)が、初のライブ・ショーケース【adieu secret show case [unveiling]】を、2019年12月19日に東京・代官山LOOPにて開催した。
その他ライブ画像

 本イベントには、11月27日にリリースされたミニ・アルバム『adieu 1』で集まった応募総数約2,500通より、幸運な100名が招待された。ライブではミニアルバムより「強がり」「ナラタージュ」「よるのあと」3曲を生バンドで披露。観客は初の生歌に終始酔いしれた。

 続くトークショーでは、初のステージでの緊張や、自身が音楽活動を決意したきっかけが「ナラタージュ」という楽曲との出会いからであったことと、同時にadieu名義での音楽活動に強い意志が芽生えたことを明かす。また、「(初ライブを終え)、今自分は音楽をやっているなという実感」できたと語り、来年2020年に向け「ライブの機会をもっと増やして、皆さんに直接お届けしていきたい!」と強く意気込みを語った。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい