【先ヨミ】私立恵比寿中学『playlist』が2.9万枚で首位走行中 『Fate』コンピ/LUNA SEAが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】私立恵比寿中学『playlist』が2.9万枚で首位走行中 『Fate』コンピ/LUNA SEAが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】私立恵比寿中学『playlist』が2.9万枚で首位走行中 『Fate』コンピ/LUNA SEAが続く

【先ヨミ】私立恵比寿中学『playlist』が2.9万枚で首位走行中 『Fate』コンピ/LUNA SEAが続く


 今週のCDアルバム売上レポートから2019年12月16日~12月18日の集計が明らかとなり、私立恵比寿中学『playlist』が29,738枚を売り上げて首位を走っている。

 本作は私立恵比寿中学の6thフルアルバムで、川谷絵音や石崎ひゅーい、iri、マカロニえんぴつのはっとりら、多くのアーティストが楽曲の作詞・作曲を務めている。また川谷絵音が楽曲提供した「トレンディガール」以外、すべて録り下ろしの新曲となっている。

 2位には『Fate』シリーズの主題歌全26曲を集めたコンピレーションアルバム『Fate song material』が18,469枚を売り上げて続いている。完全生産限定盤には特典として、ノンクレジットOP/EDアニメーション全14曲も収録されている。

 そして、LUNA SEA『CROSS』が17,909枚を売り上げて3位を走行中。本作は結成30周年のメモリアルイヤーにリリースされた通算10作目となるオリジナルアルバム。また2020年には『CROSS』を携えた全国ホールツアーを開催することが決定しており、全国13会場26公演が予定されている。

 その後を追うのは、13,174枚を売り上げて現在4位のEMPiRE『the GREAT JOURNEY ALBUM』と、12,347枚を売り上げて現在5位の斉藤壮馬『my blue vacation』だ。両作品の売上枚数の差は約1,000枚と僅差。『the GREAT JOURNEY ALBUM』は11月25日から先行配信を開始しており、同日のみ300円で販売する施策を実施。11月25日が集計期間内であった12月9日付ダウンロード・アルバム・チャートでは4位を獲得していた。また、『my blue vacation』は“表裏一体の世界が紡ぎ出され”たミニアルバムとなっている。


◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2019年12月16日~12月18日)
1位『playlist』私立恵比寿中学(29,738枚)
2位『Fate song material』(V.A.)(18,469枚)
3位『CROSS』LUNA SEA(17,909枚)
4位『the GREAT JOURNEY ALBUM』EMPiRE(13,174枚)
5位『my blue vacation』斉藤壮馬(12,347枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい