チャンス・ザ・ラッパー、弟とのコラボ曲「Roo」を初めて一緒にパフォーマンス 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チャンス・ザ・ラッパー、弟とのコラボ曲「Roo」を初めて一緒にパフォーマンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
チャンス・ザ・ラッパー、弟とのコラボ曲「Roo」を初めて一緒にパフォーマンス

チャンス・ザ・ラッパー、弟とのコラボ曲「Roo」を初めて一緒にパフォーマンス


 現地時間2019年12月16日、チャンス・ザ・ラッパーが米人気トーク番組『レイトx2ショーwithジェームズ・コーデン』のゲスト司会を務め、弟のテイラー・ベネットとのコラボ曲「Roo」を初めて一緒にパフォーマンスした。

 2人は、幼い頃のホーム・ビデオがバックに流れる中、天井から垂れ下がった白い花の下に並んで座り、米シカゴのサウスサイドで過ごした幼少期について交互にヴァースを披露し、兄弟ならではの相性良さを見せつけた。

 同曲は、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”でチャンスにとって自身最高位となる2位に初登場した、デビュー・アルバム『ザ・ビッグ・デイ』に収録されている。チャンスはこの日、家族との時間を大切にするために延期していた全米ツアー日程をすべてキャンセルすることを発表したばかりだった。

 なおチャンスは、司会の代役としてリル・ナズ・X、女優のタラジ・P・ヘンソンとトークを繰り広げた他、目隠しをしたたまま、鼻で触ったものを当てる『Nuzzle Whaaa?』と題されたゲームに番組ゲストたちとともに挑戦した。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい