デイヴィッド・リー・ロス、KISSファイナル・ツアー北米日程のSPゲストに決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

デイヴィッド・リー・ロス、KISSファイナル・ツアー北米日程のSPゲストに決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
デイヴィッド・リー・ロス、KISSファイナル・ツアー北米日程のSPゲストに決定

デイヴィッド・リー・ロス、KISSファイナル・ツアー北米日程のSPゲストに決定


 現地時間2019年12月17日、ヴァン・ヘイレンのリード・シンガーとして知られ、ソロとしても活動しているデイヴィッド・リー・ロスが、KISSのファイナル・ツアー【The End Of the Road】の北米日程にスペシャル・ゲストとして参加することが正式に発表された。

 KISSは声明で「デイヴィッド・リー・ロスが、ツイン・ギターのビッグなロック・サウンド、往年のヒットと未来的なエネルギーを網羅したセットリストをフィーチャーした、エキサイティングなステージをみせてくれます」と“ダイヤモンド・デイヴ”の参加について綴っている。

 2020年2月1日に米ニュー・ハンプシャー州マンチェスターのSNHUアリーナでキックオフする【The End Of the Road】の北米日程は、10月2日のテキサス州フォートワースのディッキーズ・アリーナでの公演まで続く。最終公演は、バンドの地元である米NYにて2021年7月17日に開催されることが発表されているが、会場は明らかになっていない。

 KISSは現在ジャパン・ツアーを行っており、デイヴィッド・リー・ロスは来年1月8日から米ラスベガスでの常設公演を控えている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい