【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Pretender」がストリーミング首位キープ中 LiSA「紅蓮華」が5位に浮上 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Pretender」がストリーミング首位キープ中 LiSA「紅蓮華」が5位に浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Pretender」がストリーミング首位キープ中 LiSA「紅蓮華」が5位に浮上

【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Pretender」がストリーミング首位キープ中 LiSA「紅蓮華」が5位に浮上


 GfK Japanによるストリーミング再生回数レポートから、2019年12月9日~12月11日の集計が明らかとなり、Official髭男dism「Pretender」が2,169,957回再生で首位をキープしている。

 トップ10に5曲ランクインしており、ストリーミングにおけるOfficial髭男dismの人気は健在だが、再生回数自体は全体的に微減傾向にある。一方King Gnuは「白日」「傘」ともに微増傾向にあり、「傘」に関しては7週ぶりにストリーミング・ソング・チャートのトップ10入りとなるかが期待される。どちらのアーティストも年末にかけて大型フェスや音楽特番への出演を控えており、今後大きなチャートアクションが起きることが予想される。

 そして、LiSA「紅蓮華」が速報で5位にランクインした。再生回数は前週12月2日~12月4日と比べて約25%上昇している。ストリーミング・ソング・チャートでの自己最高位は8位であり、その記録を来週発表するチャートで更新できるか注目される。また、LiSAは12月11日にニューシングル『unlasting』をリリース。「紅蓮華」とともに、この楽曲がどのように動いていくのかも注目だ。

 クリスマスが近づくにつれ、クリスマスソングの再生回数が伸びてきている。back number「クリスマスソング」は12月16日付ストリーミング・ソング・チャートと同じく速報では9位となっているが、再生回数自体は前週12月2日~12月4日と比べて約13%増。トップ10外だが、マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」は約23%増となっている。


◎Billboard JAPANストリーミング・ソング集計速報
(2019年12月9日~12月11日の集計)
1位「Pretender」Official髭男dism
2位「白日」King Gnu
3位「イエスタデイ」Official髭男dism
4位「宿命」Official髭男dism
5位「紅蓮華」LiSA
6位「マリーゴールド」あいみょん
7位「ノーダウト」Official髭男dism
8位「115万キロのフィルム」Official髭男dism
9位「クリスマスソング」back number
10位「傘」King Gnu

※Billboard JAPANの週間ストリーミング・ソング・チャートは、GfK Japanが提供するオンデマンド型音楽配信サービス(Apple Music、Amazon Music Unlimited、AWA、Google Play Music、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、RecMusic、Spotify)と、プレイリスト型音楽配信サービス(dヒッツ、うたパス)の再生回数を合算して集計していますが、先ヨミ時点の集計値はGfK Japanのデータによる推定値となります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい