Reol、新アルバムにGiga/水カン・ケンモチヒデフミ/Masayoshi Iimoriが参加 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Reol、新アルバムにGiga/水カン・ケンモチヒデフミ/Masayoshi Iimoriが参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Reol、新アルバムにGiga/水カン・ケンモチヒデフミ/Masayoshi Iimoriが参加

Reol、新アルバムにGiga/水カン・ケンモチヒデフミ/Masayoshi Iimoriが参加


 Reolが、2020年1月22日にリリースするニュー・アルバム『金字塔』の収録内容を発表した。

 Reolの約1年3か月ぶりのフル・アルバムには、配信中の「ゆーれいずみー」や「HYPE MODE」に加え、Reolの音楽には欠かせない存在のGigaが手掛けた壮大なトラックが印象的な表題曲「金字塔」が収録される。また、情念溢れるリリックとエモーショナルな歌が溶け合った「1LDK」や、トラックメーカーとしてケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)やMasayoshi Iimoriなど豪華な面々を迎えて制作した楽曲など、全11曲が収録される。

 Reolは、「サウンドクリエイト陣にはギガは勿論、新たにケンモチさんとマサヨシくんをお招きしました。とても新鮮な心持ちで、お二人としか挑めない“試み”にも向き合えました。今の日本のメインストリームに於いて、こんなにもクラシックで尖りきった音楽が作れたのは彼らとでしかあり得ないと言い切れます」とコメントしている。

 12月14日午前10時から、本アルバムを引っ提げた【Reol Japan Tour 2020 ハーメルンの大号令】のチケットが各プレイガイドで一般発売される。先日YouTube登録者数が100万人を超え、公式Facebookページと中国のソーシャルメディアWeibo(ウェイボー)でアカウントを開設したReol。着実にその勢いを増している彼女の初の全国ツアーとなるだけに、期待が高まる。


◎Reolコメント
昨年三月に『文明EP』をリリースし、わたしが始めた“文明”の物語は序幕を切りました。およそ一年、この作品のために費やしてまいりました。物事はすべて濡れ場から生まれ、というのはまさにわたしたちの総てだと思うのです。人々は性の交わりから、文明は河川のほとりから。今作『金字塔』では、その起こりの先にある、それぞれの話を書いています。とはいえそのコンセプトを敷いた上で同時に、生活に寄り添う普遍の音楽が出来上がったという自負があります。サウンドクリエイト陣にはギガは勿論、新たにケンモチさんとマサヨシくんをお招きしました。とても新鮮な心持ちで、お二人としか挑めない“試み”にも向き合えました。今の日本のメインストリームに於いて、こんなにもクラシックで尖りきった音楽が作れたのは彼らとでしかあり得ないと言い切れます。慈愛も、毒も、悲観も憤りも、今の自分でしかこんな形には書けなかったろうと思います。全十一曲、金字塔その姿は、煌びやかでも華々しくも立派でもなくて、わたしが暮らす小部屋と独りの時間から生まれたものの積み重なりです。わたしはずっと自分の生き様を映し鏡に、全く違う誰かを書いている気がしている。あなたとわたしは全く違う同士で、見ず知らずのまま出会うこともなかったかもしれない人間で、だからこそわたしは、あなたのことを歌っているかもしれません。この塔は聴いてもらってはじめて成り立ちます、だから、今から、あなたの歌になりますように。待っています。

◎Giga コメント
今回も全曲のMIXと、いっぱいアレンジと作曲をしました♪ 前作の事実上に比べてポップな曲が多くなっていて聞きやすいのではないかと思われます。(当社比)最初に出来ていた曲とマサヨシ・ヒデフミの曲があって、他に足りない雰囲気は何かな~~とReolと考えて色んな曲調の曲を積み上げていったので(これまさに金字塔を建てるかの如く)、1曲目から11曲目まで飽きの来ないアルバムになりました♪ お楽しみに♪

◎ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ) コメント
れをる、ギガ、マサヨシ、そして「ヒデフミ」とあまり馴染みのない下の名前で呼びあっていました(笑)。他愛もない世間話を交えつつ、わちゃわちゃとやりとりしてるうちに出来た曲「ハーメルン」。普通のバラードっぽく始まったかと思いきや途中でビートが目まぐるしく変わるという、今までのReolにありそうでなかった感じの曲になったかなと思います。楽しかったのでまた今後とも一緒にやりましょ!

Masayoshi Iimori コメント
今回「insider」という楽曲を制作するにあたってまずReolさんご本人と打ち合わせをさせて頂いたのですが、その時「こういう曲を作りたいんですよ~」と提案してくれたイメージが僕の得意な作風にピッタリ合っていて、あっさりと30分程度で終わってしまったのを覚えています。過去のReolさんの曲を聴きながら「ギガさんは本当にスゴイ……」とビビりながらも、そこからはあっという間にビートが完成し、歌を乗せてもらって完成! という勢いの良い楽曲に仕上がりました。

◎リリース情報
アルバム『金字塔』
2020/1/22 RELEASE
<初回限定盤A(CD+Blu-ray)>
VIZL-1712 4,800円(tax out.)
<初回限定盤B(CD+DVD)>
VIZL-1713 4,300円(tax out.)
<通常盤(CDのみ)>
VICL-65313 2,800円(tax out.)
<ファンクラブ限定盤<CD+Blu-ray+GOODS)>※豪華BOX仕様
NZS-803 8,900円(tax out.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい