インディーズアーティスト支援会社「エッグス」設立、宣伝から販売までワンストップのプラットフォームを提供 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

インディーズアーティスト支援会社「エッグス」設立、宣伝から販売までワンストップのプラットフォームを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
インディーズアーティスト支援会社「エッグス」設立、宣伝から販売までワンストップのプラットフォームを提供

インディーズアーティスト支援会社「エッグス」設立、宣伝から販売までワンストップのプラットフォームを提供

レコチョクとタワーレコードが12月9日、インディーズアーティストの活動を支援する新会社「株式会社エッグス」を設立した。

 レコチョクとタワーレコードは、2015年にNTTドコモを加えた3社でインディーズ・新人アーティストの活動を支援する「Eggsプロジェクト」をスタート。無料音楽プラットフォーム「Eggs」を運営する他、有望なアーティストにはタワーレコード内「Eggsレーベル」からCDリリース、レコチョク関連の配信サービスから楽曲配信、オーディションやライブへの出演、プロモーションなど、ネクスト・ステップへの活動支援を行ってきた。

 昨今のプレイリストを通した音楽との出会い、そしてライブ市場が拡大するなか、新たな成長の可能性を醸成するインディーズアーティストの活動支援を目的に「エッグス」を設立。レコチョクのノウハウでサービス企画やシステム開発、マーケティングを行い、タワーレコードの店舗運営ノウハウや、バイヤーが持つ目利き力やネットワークを活用し、アグリゲーション(=音楽配信流通サービス)やプロモーションの設計を行う。

 2020年2月には、個人で活動するアーティストやインディーズ音楽関連企業向けに新サービス『TOWER CLOUD(タワークラウド)』をリリースする予定だ。アーティスト自身が楽曲を無料で登録することで、様々な音楽配信サービス(DSP)へデリバリーでき、同音源を使ってCDの制作(プレス)委託やタワーレコードでの販売契約までワンストップで展開できるプラットフォームとなる。

 また、無料音楽プラットフォーム「Eggs」を進化させ、アーティストがファンに直接ライブチケットやグッズを販売し、ファンクラブの運用などがシームレスに行えるエコシステムを構築。「Eggs」のプラットフォーム領域を拡大させていく予定とのこと。

 さらには、登録アーティストからライセンスを受け、グッズ等の企画・制作、クラウドファンディングなど様々なサービスを展開する他、エッグス関連ライブの主催や出演の斡旋などアーティストの価値を最大化すべくサポートしていくそうだ。


■株式会社エッグス 代表取締役 柴崎栄太郎のコメント

 音楽市場が大きく変化を遂げている中、「Eggs」を通して、これまで多くの音楽を志すインディーズアーティストやそれを応援する若いリスナー達と出会うことができました。我々はそこに未来の音楽業界の希望を見出し、より活性化していけるよう、その活動のマネタイズ支援をおこなうべく株式会社エッグスを設立しました。

 新会社のビジョン「多様な音楽があふれる未来をつくる。」をめざすべく、「アーティストとファンに一つでも多くの出会いを。」のミッションのもと、アーティストとファンだけでなく、アーティストを応援するライブハウスやタワーレコードのバイヤーの方々といったシーンに関わる全ての人を応援したいと考えています。

 そのためにも単に利便性の高いプラットフォームを提供するだけでなく、インディーズを応援する方々の熱量が可視化、反映されるサービスをめざし、レコチョクとタワーレコードが一丸となって取り組んでまいりたいと思います。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい