『12月10日はなんの日?』“キング・オブ・ソウル”オーティス・レディングの命日 没後52年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『12月10日はなんの日?』“キング・オブ・ソウル”オーティス・レディングの命日 没後52年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『12月10日はなんの日?』“キング・オブ・ソウル”オーティス・レディングの命日 没後52年

『12月10日はなんの日?』“キング・オブ・ソウル”オーティス・レディングの命日 没後52年


 12月10日はソウル界の偉大なるボーカリスト、“キング・オブ・ソウル”ことオーティス・レディングの命日。

 1967年12月10日、オーティス・レディングとバックバンドを務めていたバーケイズのメンバー&マネージャーを乗せた自家用飛行機が墜落し、トランペットのベン・コーリーをのぞく7人が死亡した。

 デビューからわずか5年、26歳という若さで命を奪われたオーティスにとって、最大のヒット曲となるのが「ドック・オブ・ザ・ベイ」。同曲はなんと事故の3日前に録音されたナンバーであり、オーティスの死から約1か月後の1968年1月8日にリリースされ、全米ビルボードNo.1を獲得。これが、オーティスにとって最初で最後の全米ビルボードNo.1ソングとなっている。

 情熱迸る歌声が最大の持ち味であるオーティスにとって、波止場にたたずむ男の哀愁を静かに歌い上げた「ドック・オブ・ザ・ベイ」は異例の楽曲だったが、本人もリリースを前に同曲のヒットを確信していたという。1968年の年間チャートでも4位に輝く大ヒットを記録し、ソウル史のみならず音楽史を代表する名曲として今も愛され続けている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい