ビリー・アイリッシュ、「xanny」のMVで監督デビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ビリー・アイリッシュ、「xanny」のMVで監督デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ビリー・アイリッシュ、「xanny」のMVで監督デビュー

ビリー・アイリッシュ、「xanny」のMVで監督デビュー


 現地時間2019年12月5日、ビリー・アイリッシュが「xanny」のミュージック・ビデオを公開した。

 ビリーの初監督作品となるこのMVは、クリーム色のセーターとズボン姿の彼女が、同系色のベンチに座りながら、曲の最初のヴァースを歌う、何の変哲もない一幕から始まる。

 だが、「私は彼らの二次禁煙の中にいる/缶のコーラをただ飲みながら/私にはいい気分になるために“xanny”(抗不安薬ザナックス)は必要ない」というコーラスに入ると、火が付いたタバコを持った手がビリーの顔でその火を消し、彼女の顔には黒い跡が残る。曲の終盤へ差し掛かると、ビリーの顔はタバコの火を消した黒い跡で覆われており、悲し気に最後の詞を歌い、ベンチから立ち上がるとあたりに煙が立ち込めるという内容になっている。

 MVの公開をうけてビリーは、「ヴィジュアルは私にとってとても大切なもので、自分のクリエイティブ・ヴィジョンを思い描いたとおりに提供できる立場にあることを心から誇りに思っています。私に信頼を置いてくれたすべての人々に感謝します」とプレス・リリースでコメントしている。

 ビリーは、現地時間12月12日に行われる米ビルボード主催の【2019ウィメン・イン・ミュージック】で<ウーマン・オブ・ザ・イヤー>を受賞することが決定している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい