【ビルボード 2019年間 HOT ALBUMS】嵐の20周年ベストが総合首位 星野源/ONE OK ROCKが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード 2019年間 HOT ALBUMS】嵐の20周年ベストが総合首位 星野源/ONE OK ROCKが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード 2019年間 HOT ALBUMS】嵐の20周年ベストが総合首位 星野源/ONE OK ROCKが続く

【ビルボード 2019年間 HOT ALBUMS】嵐の20周年ベストが総合首位 星野源/ONE OK ROCKが続く


 2019年の年間総合アルバム・チャート【Billboard JAPAN HOT ALBUMS of the Year 2019】は、嵐の最新ベスト・アルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が総合首位を獲得した。

 2020年12月31日をもって活動休止することが決まっている嵐は、自身2作目となるオールタイム・ベストアルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019』を6月26日にリリース。初週136万枚を売り上げた同作は、以降も順調にCDセールスを伸ばし、頭12週間は売上1万枚以上をキープ、これまでに通算4度のCDセールス1位をマークして、年間集計では累計215万枚を突破し、同部門年間1位の座を手堅く獲得した。またルックアップは年間6位となっており、週間ではこれまでに6度の1位をマークしている。ソフト市場の縮小が叫ばれ始めてから久しく、音楽メディアのデジタル化がますます進行し、ついに嵐も先日、ジャニーズ所属アーティストとしては異例の施策として、全シングル表題曲の配信を解禁することになったが、一方で従来の圧倒的なフィジカル販売力も健在。アルバムの初週CD売上によるミリオン突破は安室奈美恵『Finally』以来であるうえ、同作の数字を超えて2010年代最多の初週売上記録を更新する形となった。

 総合2位は、星野源の3年ぶり、通算5作目となるオリジナル・アルバム『POP VIRUS』が獲得した。総合ソング・チャート【JAPAN HOT 100】において、2017年の年間首位を獲得した「恋」、そしてCDリリースされていない作品としては、ピコ太郎「PPAP」以来となる週間総合首位を獲得した「アイデア」など、ヒット曲も多数収録した同作は、年間77,071DLを売り上げてダウンロード1位、そしてルックアップでも1位となり、2冠を達成。また、CDセールスも年間売上43.9万枚で4位と好調だった。また、10月14日に配信リリースされた最新EP『Same Thing』は、年間38,555DLを売り上げてダウンロード8位、総合順位は48位をマークしている。

 地上波テレビ番組等のマスメディア露出も多い前述2組に対し、その活動の大半をツアーやフェスに費やすONE OK ROCKは、約2年ぶりの通算9作目となるオリジナル・アルバム『Eye of the Storm』が、デジタル指標での強さを見せて総合3位にエントリー。年間CDセールスは30.8万枚で6位と、総合4位に続いたback number『MAGIC』と同等の数字となったが、ダウンロードが64,732DLを記録して3位となっており、これがトップ3入りの決め手となった。back number『MAGIC』は、年間でCDセールス7位、ダウンロード7位となったほか、2016年の年間チャートで総合3位を獲得したベスト・アルバム『アンコール』同様、ルックアップが頭一つ抜ける形で3位にエントリー。この指標におけるback numberの強さは白眉で、これまでに週間で9度の1位をマークしている。そして総合5位には、CDセールスで2位となったKing & Princeの1stアルバム『King & Prince』が入った。

 計52週の集計となった2019年の年間チャート。その全ての週で100位内にチャートインしたのは、米津玄師『BOOTLEG』(総合9位)、安室奈美恵『Finally』(総合22位)、back number『アンコール』(総合26位)、米津玄師『YANKEE』(総合42位)、松任谷由実『松任谷由実 40周年記念ベストアルバム日本の恋と、ユーミンと。』(総合65位)の5作品だ。とりわけ上位4作品については、同じく計52週からなる2018年チャートにおいてもトップ100から漏れることなく、この2年間を通してチャートを“完走”していることから、2010年代後半を代表するロング・ヒット作品の一角と言ってもいいだろう。


◎【Billboard JAPAN HOT ALBUMS of the Year 2019】トップ10
1位『5×20 All the BEST!! 1999-2019』嵐
2位『POP VIRUS』星野源
3位『Eye of the Storm』ONE OK ROCK
4位『MAGIC』back number
5位『King & Prince』King & Prince
6位『今が思い出になるまで』乃木坂46
7位『瞬間的シックスセンス』あいみょん
8位『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』クイーン
9位『BOOTLEG』米津玄師
10位『aurora arc』BUMP OF CHICKEN
11位『ALL TIME BEST 1998-2018』コブクロ
12位『天気の子』RADWIMPS
13位『#TWICE2』TWICE
14位『NEW LOVE』B'z
15位『Traveler』Official髭男dism
16位『ANTI ANTI GENERATION』RADWIMPS
17位『834.194』サカナクション
18位『クイーン・ジュエルズ』クイーン
19位『FREE HUGS!』Kis-My-Ft2
20位『Enter the Hypnosis Microphone』ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい