<ライブレポート>和楽器バンド 無限の可能性を証明した新章ツアー最終公演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<ライブレポート>和楽器バンド 無限の可能性を証明した新章ツアー最終公演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
<ライブレポート>和楽器バンド 無限の可能性を証明した新章ツアー最終公演

<ライブレポート>和楽器バンド 無限の可能性を証明した新章ツアー最終公演


 和楽器とロックを融合した8人組バンド・和楽器バンドが、2019年11月23日に最新ツアー【和楽器バンドJapan Tour 2019 REACT –新章-】の最終公演を横須賀芸術劇場で開催した。
和楽器バンド その他ライブ画像

 最上階まで埋め尽くされたこの日、各フロアには立ち見客もチラホラと確認できた。一人参戦や家族連れ、はたまたカップルらしき男女ペアなど、ファン層も幅広い。中には、バンドメンバーそっくりに和装で参加している観客もいた。8人の登場を今か今かと首を長くしてその幕開けを待っている中、筆者も会場に流れるリンキン・パークの「ニュー・ディヴァイド」に心を躍らせていた。その曲が終わるとステージが暗転。「Overture~ReAct~」に合わせてふすまが開くように8人がステージに現れ、これから始まるパフォーマンスへの期待がグッと高まったところで、「雨のち感情論」がスタート。詩吟師範の鈴華ゆう子の圧倒的なボーカルに、町屋のギターや亜沙のベース、山葵のドラム、そして、いぶくろ聖志の箏、神永大輔の尺八、蜷川べにの津軽三味線、黒流の和太鼓の4つの和楽器を合わせた8つのインストゥルメントが、個々で強みを見せながらも、ひとつにバランスよくまとまっている。「カモン!」と観客をあおり、それに応えるオーディエンス。満天の星が降りそそいだ「天樂」や万華鏡が華麗な「吉原ラメント」が続き、そのパフォーマンスに合わせて展開される“ザ・和”の美しさを映し出したスクリーンやライティングにも目を奪われた。

 本番中、度々ステージが暗転する瞬間があったが、そのたびに「○○様!」「○○さん!」という声がステージに投げられた。2時間超えのライブにはいくつかハイライトがあったが、全体を通して筆者が感じたのは、とにかく注目すべきポイントが多いということ。永久に出るのではないかと思わせる鈴華の伸びやかで力強い歌声、艶やかでもっと欲しくなる町屋のボーカルとそのギターさばき、お茶目なキャラクターの亜沙のベースと果敢に観客を盛り上げるスタイル……。山葵の存在感あるドラムはバンドの絶対的な核と言えるし、バックで滑らかに箏を奏でるいぶくろの姿はまるでDJのようだった。また、時折ヘッドバンギングしながら吹くパンチが効いた神永の尺八に比べて、黙々と三味線を弾く蜷川べには“静”な印象を受けたが、途中、人が変わったように激しくロックするなど、1秒たりとも見逃したくないプレイがステージ上で同時に起こったため、心の底から目が二つでは全然足りないと思ったほどだ。

 そして、ツアータイトル【-新章-】からも分かるように、和楽器バンドは本ツアーから新たな一歩を踏み出している。それは、グローバル展開を目指して今年7月にユニバーサルミュージックへレーベル移籍をしたことが大きく関わっている。ライブ終盤、「普通だと1年くらい活動するのが難しいのですが、和楽器バンドは恵まれていたと思います。忘れ去られる前にこうして皆さんの前に戻ってくることができたのも、私達が言いたいことを発信できない間、待っていてくれた皆さんのおかげで、心強かったです。8人でまたステージに立つことばかり考えていました。私達がライブをしたくてもできるものじゃないので、この場所に連れてきてくださった皆さん、そしてスタッフ、関係者の色んな力がここに集結した結果、今日という日を迎えることができました。これまでは目いっぱいの毎日を精いっぱい走ってきたのですが、これからはもっと“音楽”をしたいと思っています。“音楽”は悲しいこと、楽しいこと、辛いこと、空想も全部詰め込められるスペシャルな世界共通用語。これからはしっかり“音楽”を届けていきたいし、そのための最高のチームが出来たと思っています。本当にツアーができるのか、移籍したての頃は不安でしかたがなかったですが、こうしてさらなる進化を遂げたステージを届けることができました。皆さんの言葉に一番力があります。これからもどうぞ支えてください」と、心境を伝えた和楽器バンドにオーディエンスからはより一層大きな声援が届けられた。

 そんな彼らの新たなスタートとなる4曲入りのコンセプトEP『REACT』が12月4日に発売されるが、この日はその中からのリード曲「Ignite」が演奏された。<Say what you mean to do.>や<Hey, I can’t hear you.>などバンドには珍しい英語歌詞や、町屋のラップが入り、新たなバンドスタイルをアピールする一曲だ。そして新章ツアーの最後に演奏されたのは、これまでの和楽器バンドを語るのに、そして新たな一歩を踏み出した彼らにとって、これからも変わらず大切な曲であろう「千本桜」。どこもかしこもペンライトが激しく揺れ、最高潮でライブは幕を閉じた。和楽器とロックという異色のスタイルで活動を始めた彼らの可能性が無限であると感じさせる最高のライブだった。


Text by Mariko Ikitake
Photos by上溝恭香 / Kyoka Uemizo

◎【和楽器バンドJapan Tour 2019 REACT –新章-】セットリスト
※2019年11月23日 横須賀芸術劇場 よこすか劇場公演
0. Overture~ReAct~
1. 雨のち感情論
2. 天樂
3. 吉原ラメント
4. 蜉蝣
5. Strong Fate
6. 細雪
7. 鏡花水月
8. 月に叫ぶ夜
9. なでしこ桜
10. シンクロニシティ
11. 極限双打
12. 雪影ぼうし
13. 暁ノ糸
14. あっぱれが正義。
<Encore>
1. Ignite
2. 千本桜

◎リリース情報
EP『REACT』
2019/12/4 RELEASE
<初回限定映像盤>
UMCK-7042 2,500円(tax out.)
<初回限定ライブドキュメンタリーブック盤>
UMCK-7043 2,200円(tax out.)
<CD Only盤>
UMCK-1645 1,400円(tax out.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい