トム・ヨークの楽曲が彩るフィルムノワール、エドワード・ノートン『マザーレス・ブルックリン』予告 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トム・ヨークの楽曲が彩るフィルムノワール、エドワード・ノートン『マザーレス・ブルックリン』予告

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
トム・ヨークの楽曲が彩るフィルムノワール、エドワード・ノートン『マザーレス・ブルックリン』予告

トム・ヨークの楽曲が彩るフィルムノワール、エドワード・ノートン『マザーレス・ブルックリン』予告


『マザーレス・ブルックリン』が2020年1月10日から新宿ピカデリーほかにてロードショー。予告編と場面写真が公開された。
その他画像

 監督、脚本、製作、主演を務めたのは、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのエドワード・ノートン。ブルース・ウィリス、ググ・バサ=ロー、アレック・ボールドウィン、ウィレム・デフォーらが出演しており、トム・ヨーク(レディオヘッド)が楽曲を提供。同曲にはフリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、ウィントン・マルサリスも参加している。

 映画の舞台となるのは1957年のニューヨーク。障害の発作に苦しみながらも驚異の記憶力を持つ私立探偵のライオネルは、人生の恩人であり唯一の友人でもあるボスのフランクが殺害された事件の真相を追い始め、大都会の固く閉ざされた闇に迫っていくというあらすじだ。
 
 予告編にはエドワード・ノートン演じるライオネルが「僕は少し壊れてる」と障害の発作に悩まされる姿をはじめ、鍵を握る女ローラを演じるググ・バサ=ロー、権力を持つ男モーゼスを演じるアレック・ボールドウィン、謎を知る男ポールを演じるウィレム・デフォーなど豪華キャストも登場する。また場面写真は、ライオネルと関わっていく人々とのやり取りがよりクローズアップされており、本編でも見逃せないシーンが多く写し出されている。

◎映画情報
『マザーレス・ブルックリン』
2020年1月10日全国公開
監督・脚本・製作:エドワード・ノートン
原作:ジョナサン・レセム『マザーレス・ブルックリン』
オリジナルソング:トム・ヨーク「デイリー・バトルズ」
出演:
エドワード・ノートン
ブルース・ウィリス
ググ・バサ=ロー
アレック・ボールドウィン
ウィレム・デフォー
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. PG12


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい