『11月29日はなんの日?』ジョージ・ハリスンの命日、「サムシング」全米ビルボードNo.1から50年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『11月29日はなんの日?』ジョージ・ハリスンの命日、「サムシング」全米ビルボードNo.1から50年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『11月29日はなんの日?』ジョージ・ハリスンの命日、「サムシング」全米ビルボードNo.1から50年

『11月29日はなんの日?』ジョージ・ハリスンの命日、「サムシング」全米ビルボードNo.1から50年


 11月29日はビートルズのリード・ギタリストとして知られるジョージ・ハリスンの命日。

 2001年11月29日、58歳でこの世を去ったジョージ・ハリスン。ソングライターとして確かな才能を持ちながらも、ビートルズ時代はレノン&マッカートニーの影に隠れることの多かった“静かなビートル”ジョージ。ビートルズのオリジナル・アルバムには、ジョージが作詞・作曲、リードボーカルを担当したナンバーが2曲ほど収録されるのが定番となっていたが、シングルとしてリリースされたのは「サムシング」の1曲のみ。同曲はビートルズが1969年9月に発表した『アビイ・ロード』からのシングルで、今からちょうど50年前、1969年11月29日に全米ビルボードNo.1を獲得している。

 1970年のビートルズ解散後は、元ビートルズのメンバーとして初の全米ビルボードNo.1シングルとなった「マイ・スウィート・ロード」(1970年)を筆頭に、1973年に「ギヴ・ミー・ラヴ」、80年代にカバー曲「セット・オン・ユー」(1988年)の3曲でNo.1を獲得。アルバムとしては『オール・シングス・マスト・パス』(1970年)、『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』(1973年)の2作品が全米ビルボードNo.1を獲得している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい