【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」、SGセールス1位のアンジュルムを抑え2度目の総合首位獲得 King Gnu「白日」最高位4位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」、SGセールス1位のアンジュルムを抑え2度目の総合首位獲得 King Gnu「白日」最高位4位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」、SGセールス1位のアンジュルムを抑え2度目の総合首位獲得 King Gnu「白日」最高位4位に

【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」、SGセールス1位のアンジュルムを抑え2度目の総合首位獲得 King Gnu「白日」最高位4位に


 2019年12月2日付(集計期間:2019年11月18日~11月24日)のBillboard JAPAN総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、Official髭男dismの「Pretender」が総合首位を獲得した。

 「Pretender」はストリーミング数が前週5,749,913再生から当週5,847,900再生、動画再生が前週6,050,375回から当週6,513,640回と増加し、ダウンロード、ストリーミング、動画再生、カラオケが2週連続で4冠を達成して、通算2回目の総合首位を獲得した。カラオケ指標では公表開始以降49週に亘り1位を守っていた米津玄師の「Lemon」を抜いて、当週までで3週連続1位となっている。チャートイン回数32週にして「Pretender」は総合ポイントの最高値を更新しており、年末に向けてその勢いを増している。

 「Pretender」同様に勢いを増しているのがKing Gnuの「白日」だ。こちらはチャートイン回数40週にして最高位となる総合4位に到達。ダウンロードは前週8,744DLから当週9,219DLへ、ストリーミングが前週3,198,900再生から当週3,364,140再生へ、動画再生は前週3,014,947回から当週3,259,298回へと増加している。2020年1月15日にニュー・アルバム『CEREMONY』が発売、そして2月から始まるアリーナを含む全国ツアーがアナウンスされ、こちらもまだまだ上位を守るだろう。

◎【JAPAN HOT100】トップ10
1位[2]「Pretender」Official髭男dism(-・19,441DL・5,847,900再生)
2位[-]「私を創るのは私」アンジュルム(85,338枚・2,420DL・-)
3位[4]「イエスタデイ」Official髭男dism(-・7,181DL・4,006,663再生)
4位[5]「白日」King Gnu(-・9,219DL・3,364,140再生)
5位[3]「宿命」Official髭男dism(-・7,293DL・3,798,633再生)
6位[49]「OVERDOSE」HIROOMI TOSAKA(36,884枚・-・-)
7位[7]「マリーゴールド」あいみょん(-・5,305DL・2,428,511再生)
8位[-]「Revival Love」超特急(27,213枚・-・-)
9位[6]「馬と鹿」米津玄師(1,907枚・16,736DL・-)
10位[-]「追憶の光」山本彩(15,660枚・3,674DL・-)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい