全米年間ストリーミング再生数が初めて1兆回突破、一人当たりの平均再生3千回 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全米年間ストリーミング再生数が初めて1兆回突破、一人当たりの平均再生3千回

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
全米年間ストリーミング再生数が初めて1兆回突破、一人当たりの平均再生3千回

全米年間ストリーミング再生数が初めて1兆回突破、一人当たりの平均再生3千回


 全米における年間のオーディオとビデオのストリーミング再生数が、2019年11月21日までで約1兆20億回となり、初めて1兆回を突破したとニールセン・ミュージックが発表した。

 昨年同時期の7,652億回と比較すると全体で31%の伸びとなり、成長がこのまま続けば2019年の終わりには1兆1,810億回に到達する可能性がある。2018年全体の再生数は9,010億回だった。

 ストリーミング再生数の1兆回突破は、全米においてここ10年でストリーミングが爆発的に普及したことを証明している。Spotifyが米国で発足したのは2011年で、Apple MusicやAmazonなどの大手企業がストリーミングに参入したのはそれからだいぶ後になってからだ。ニールセン・ミュージックがストリーミング再生数を調査し始めたのは2014年からで、前年(2013年)の年間再生数は1,181億回、つまり2019年に到達すると予想される数の約10分の1だった。

 米国国勢調査局によると、米国の人口は現在3億3,000万人だ。1兆回という数字は、2019年の現時点までに一人当たり平均で楽曲を3,030回ストリーミング再生した計算になる。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい