トーンズ・アンド・アイ、17週連続で豪チャート1位を記録、UKチャートは8週連続でエド・シーランに並ぶ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トーンズ・アンド・アイ、17週連続で豪チャート1位を記録、UKチャートは8週連続でエド・シーランに並ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
トーンズ・アンド・アイ、17週連続で豪チャート1位を記録、UKチャートは8週連続でエド・シーランに並ぶ

トーンズ・アンド・アイ、17週連続で豪チャート1位を記録、UKチャートは8週連続でエド・シーランに並ぶ


 トーンズ・アンド・アイの「ダンス・モンキー」が、前週に続きオーストラリアレコード産業協会 (ARIA)チャートにて17週連続1位を記録。チャート史上最長記録を更新した。

 さらにこの楽曲はUKチャートでも8週連続1位を記録。今年の最長1位となっていたエド・シーラン「アイ・ドント・ケア」に並ぶ記録となっている。今週27日に行われるオーストラリアのグラミー賞ことARIAミュージック・アワード2019ではパフォーマンスを控えており、最多8部門にノミネートされていることからその活躍に期待が高まっている。

 そんな話題沸騰中の「ダンス・モンキー」について、トーンズ・アンド・アイは「この曲はとある夜、ストリートで起こったことについて書いているの。あれは悪夢だった、すでに6時間路上ライブをやっていて、ある人が私のお金を盗んで逃げていって、また別の人は酔っぱらって身を乗り出してキーボードを弾こうとしてきて。観客はみんな酔っぱらってとてもうるさくて、それで「申し訳ないけど、今日はここで終わり」って言ったの。そしたらみんなが「もう一回、もう一回」って。それで「今日は終わり」って言ってライブを止めたら、ブーイングされたの。それでとても悔しい思いをして、それは人々が我慢ができなくなってきているように見えて。歌詞の中の「ダンスする」という言葉と「歌う」という言葉を入れ替えて考えてもらうと分かりやすくて、歌詞の要所要所にお客さんから言われた言葉を入れているの、例えば「あなたは輝いている」とか「あなたに釘づけになった」とか「もう一度だけ歌って」とか。私の音楽って大抵の曲は私自身じゃないことについて歌っているって気づいているかと思うけど、「ダンスする」と「歌う」と言葉を入れ替えてあまりパーソナルでないようにしたの。そうやってできた曲かな。」と、最新インタビューで告白している。


◎リリース情報
アルバム『ザ・キッズ・アー・カミング / The Kids Are Coming』
デジタル:配信中
輸入盤CD:発売中
<収録曲>
01. ザ・キッズ・アー・カミング
02. ダンス・モンキー
03. カラーブラインド
04. ジョニー・ラン・アウェイ
05. ジミー
06. ネヴァー・シーン・ザ・レイン


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい