ラテン音楽とマイアミの南端サウスビーチ<マイアミ・レポート> 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラテン音楽とマイアミの南端サウスビーチ<マイアミ・レポート>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ラテン音楽とマイアミの南端サウスビーチ<マイアミ・レポート>

ラテン音楽とマイアミの南端サウスビーチ<マイアミ・レポート>


 マイアミが有名になったきっかけには、古くは映画『スカーフェイス』や『バッドボーイズ』のロケ地、そしてテレビドラマ『マイアミ バイズ』と言われ、数々の観光名所がある。中でも大西洋に面した海岸線の南端サウスビーチはアール・デコ ディストリクトと呼ばれる美観地区で、必ず訪れたいエリア。

 ビーチ、公園、道路(オーシャンドライブ)そしてパステルカラーの建物はホテル、レストラン、ショップ、住居などで、チャーミングな街並みは太陽の日差しが似合いおしゃれな空気感を醸し出す。夜になるとカラフルなネオンサインで彩られ、軒を連ねる飲食店からは、ラテン音楽からロック、アコースティックと様々なライブミュージックが響き渡り、賑やかなナイトライフが繰り広げられる。中でもMango’s Tropical Cafe は観光客のアトラクションスポット。看板ドリンクメニュー“モヒート”を飲みながら、サルサ、バチャータなどラテンダンスのレッスン、ライブバンド演奏と連日朝の5時まで楽しめる。ラテン音楽は、カリブ、中南米からのアクセスが近いことで、マイアミの個性にもなっている。

 アール・デコ様式建物は1930年代ごろ以前に建設されたが、大型ホテルの開発事業が進んだ1960年代に多くが破壊された。しかし、歴史的建造物を守る動きが起こったおかげで保存され、建物とラテン音楽、集まる人々が活気に満ちた雰囲気をより一層トロピカルにしている。ビルボードライブ大阪でもラテン系のライブが行われると、会場が一気にそのカラーに染まり、お客さんのテンションも上がる。きっとそれが音楽の持つ個性とパワー、さらに魅力なのだろう。Text:KIYOMI



◎公演情報【アル・ディ・メオラ】
2020年2月3日(月)ビルボードライブ東京
2020年2月4日(火)ビルボードライブ東京
2020年2月6日(木)ビルボードライブ大阪
2020年2月7日(金)ビルボードライブ大阪

◎KIYOMI
学生時代、友人のバンドライブで司会をした経験から、テレビ、ラジオなどマスコミの仕事を始める。その後、単身移住したNYで(1986年~1993年)NY初日本語ラジオ番組を発案・設立。DJ・制作・広報・営業を手がける。1993年帰国。FM802、FMCOCOLOのDJ、関西初のサルサダンススタジオ(CHEVERE)主宰、映画コメンテイター、TV・RADIO出演、新聞・雑誌寄稿、司会、講師などで活動。好奇心に任せた様々なレポートを発信中。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい