【ビルボード】椎名林檎『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』が総合アルバム首位 『紅白』初出演のヒゲダン、King Gnuに注目 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】椎名林檎『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』が総合アルバム首位 『紅白』初出演のヒゲダン、King Gnuに注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】椎名林檎『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』が総合アルバム首位 『紅白』初出演のヒゲダン、King Gnuに注目

【ビルボード】椎名林檎『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』が総合アルバム首位 『紅白』初出演のヒゲダン、King Gnuに注目


 2019年11月25日付(集計期間:2019年11月11日~11月17日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、椎名林檎『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』が初登場、総合首位を獲得した。

 『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』は、椎名林檎にとって初となるベスト・アルバム。収録曲は、これまでに発表されてきた全楽曲から、チャートや売上実績、各種リサーチ結果をもとに選曲された。また、宇多田ヒカルとのコラボ曲「浪漫と算盤 (LDN ver.)」、ドラマ『時効警察はじめました』主題歌の「公然の秘密」といった2曲の新曲も収録している。初動3日間で64,917枚、週間では98,080枚を売り上げてCDセールス1位をマークした本作は、さらに9,839DLを記録してダウンロード1位、ルックアップでは2位をそれぞれマーク。2位以下を大きく引き離す形で総合トップの座についた。

 前週、4週ぶり2度目の総合首位を獲得したOfficial髭男dismの『Traveler』は、リリースから6週目を迎えた当週、9,992枚を売り上げてCDセールス5位、2,995DLを売り上げてダウンロード2位となったほか、ルックアップでは4週連続5度目となる1位をマーク、総合順位は1ランク・ダウンして2位を獲得した。ルックアップはポイントこそ前週から減少したものの、それでもリリース初週からの3週間を上回る高水準は維持しており、総合ポイントも前週から微減に留まっている。

 続く総合3位には、小沢健二のニュー・アルバム『So kakkoii 宇宙』がデビュー。ヴォーカル入りのアルバムとしては17年ぶりとなる本作は、初週19,493枚を売り上げてCDセールス3位、1,408DLを売り上げてダウンロード4位、ルックアップでは12位をそれぞれマークした。ルックアップに少々伸びしろが見られるので、11月30日のレンタル開始以降、どこまで活性化させることができるか、注目される。そして総合4位には、GANG PARADEのメジャー1stフルアルバム『LOVE PARADE』が、総合5位には、倖田來未の約1年5か月ぶりとなるオリジナル・フルアルバム『re(CORD)』がそれぞれ初登場した。

 当週チャートの集計期間後半、11月14日に『第70回NHK紅白歌合戦』の出演者が発表された。計8組の初出演アーティストの中でも、メジャー・デビューから2年弱となるOfficial髭男dism、そして1年弱となるKing Gnuの2組は特に注目されたようで、その話題性がチャート・アクションにも影響を与えている。Official髭男dismは最新作『Traveler』に加え、2018年4月リリースの前作『エスカパレード』もロング・ヒットしているが、とりわけ当週はダウンロードが32位から24位と前週から順位を上げ、総合では31位から21位にまで上昇している。

 一方のKing Gnuは、1月にリリースした最新作『Sympa』が、CDセールス56位から42位、ダウンロード22位から11位、ルックアップ25位から19位となり、全指標で前週からのランク・アップを果たし、総合順位は38位から19位にジャンプ・アップ。また、2017年10月リリースの『Tokyo Rendez-Vous』は、CDセールス90位から72位、ダウンロード44位から31位、ルックアップ37位から35位となり、総合では57位から49位に浮上した。

 ビデオリサーチ調べによると、昨年の『第69回NHK紅白歌合戦』の平均視聴率は41.5%(関東地区)を記録しており、今年も幅広い視聴者層となることが予想される。そういった中、新興市場であるストリーミング・サービスを中心に一躍ヒットしたこの2組にとって、『紅白』初出演はさらなるファン層拡大の好機だと言えるだろう。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』椎名林檎
2位『Traveler』Official髭男dism
3位『So kakkoii 宇宙』小沢健二
4位『LOVE PARADE』GANG PARADE
5位『re(CORD)』倖田來未
6位『Lift Off』BAD HOP
7位『あゝオオサカdreamin'night』どついたれ本舗
8位『COSMOS』転校少女*
9位『COMINATCHA!!』WANIMA
10位『見っけ』スピッツ
11位『Fallin' Light』GFRIEND
12位『5×20 All the BEST!! 1999-2019』嵐
13位『Love Covers』ジェジュン
14位『XV』東方神起
15位『PARADE』Hey!Say!JUMP
16位『Quarter Note』山崎まさよし
17位『PTX 日本デビュー5周年記念 グレイテスト・ヒッツ』ペンタトニックス
18位『潜潜話』ずっと真夜中でいいのに。
19位『Sympa』King Gnu
20位『奥華子ALL TIME BEST』奥華子


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい