【ビルボード】Kis-My-Ft2「Edge of Days」が総合首位獲得 紅白出場アーティストが軒並みランクアップ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】Kis-My-Ft2「Edge of Days」が総合首位獲得 紅白出場アーティストが軒並みランクアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】Kis-My-Ft2「Edge of Days」が総合首位獲得 紅白出場アーティストが軒並みランクアップ

【ビルボード】Kis-My-Ft2「Edge of Days」が総合首位獲得 紅白出場アーティストが軒並みランクアップ


 2019年11月25日付(集計期間:2019年11月11日~11月17日)のBillboard JAPAN総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、Kis-My-Ft2の「Edge of Days」が総合首位を獲得した。

 Kis-My-Ft2の25作目のシングル「Edge of Days」は、初週売上171,215枚となりCDセールス1位を記録し、他指標ではルックアップとTwitterで1位となって計3冠を獲得、そしてラジオ83位と、コア・ファンの熱烈なサポートが後押しとなり総合首位を獲得した。

 前週の11月14日に発表されたNHK『第70回紅白歌合戦』の出場アーティストが軒並み順位を上げており、そのなかで総合10位以内にチャートインしているアーティストは、Kis-My-Ft2、Official髭男dism、King Gnu、嵐、Foorin、LiSAの計6組。ヒゲダンは総合2位から4位を独占しており、例えば「Pretender」は、ダウンロードが前週13,503DLから当週20,764DLに、ストリーミングは5,462,042再生から5,749,913再生に上昇しており、ダウンロード・ストリーミング・動画再生・カラオケの計4冠で総合2位にランクアップしている。King Gnuの「白日」は、ダウンロードで前週7,581DLから当週8,744DL、ストリーミングで3,003,880再生から3,198,900再生とこちらも増加しており、総合10位から5位に順位を上げている。トップ10常連組の米津玄師の「馬と鹿」と、あいみょんの「マリーゴールド」は、今のところは『紅白歌合戦』にノミネートされておらず、総合ポイントを前週よりも落としていて、当番組の持つ広範な影響力を示す結果となった。

◎【JAPAN HOT100】トップ10
1位[39]「Edge of Days」Kis-My-Ft2(171,215枚・-・-)
2位[3]「Pretender」Official髭男dism(-・20,764DL・5,749,913再生)
3位[7]「宿命」Official髭男dism(-・7,813DL・3,875,268再生)
4位[8]「イエスタデイ」Official髭男dism(-・8,272DL・4,115,289再生)
5位[10]「白日」King Gnu(-・8,744DL・3,198,900再生)
6位[6]「馬と鹿」米津玄師(2,206枚・19,892DL・-)
7位[9]「マリーゴールド」あいみょん(-・5,762DL・2,497,682再生)
8位[2]「Turning Up」嵐(-・10,475DL・1,885,380再生)
9位[14]「パプリカ」Foorin(3,026枚・11,206DL・1,691,326再生)
10位[21]「紅蓮華」LiSA(1,015枚・11,044DL・1,993,703再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい