【ビルボード】椎名林檎 『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』がダウンロードAL首位 小沢健二『So kakkoii 宇宙』は4位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】椎名林檎 『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』がダウンロードAL首位 小沢健二『So kakkoii 宇宙』は4位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】椎名林檎 『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』がダウンロードAL首位 小沢健二『So kakkoii 宇宙』は4位に

【ビルボード】椎名林檎 『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』がダウンロードAL首位 小沢健二『So kakkoii 宇宙』は4位に


 2019年11月25日付(集計期間:2019年11月11日~11月17日)のBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で、椎名林檎の『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』が首位を獲得した。

 本作は、これまで発表した全オリジナルアルバム及びセルフカバーアルバムを中心に、新曲2曲などを収録した自身初のオールタイムベストアルバムだ。新曲は、宇多田ヒカルとの共演ということもあり、リリース前から話題に。その結果、初週9,839ダウンロード(DL)を売上げ、本チャートを制した。

 続く2位は2,995DLのOfficial髭男dism『Traveler』。今週で6度目のチャートインを果たしている。そして、3位はBAD HOP 初の海外制作となる『Lift Off』。Apple Music、iTunes 限定でリリースされ、2,340DLで3位となった。そして4位は小沢健二の『So kakkoii 宇宙』。ヴォーカル入りのアルバムとしては、2002年『Eclectic』以来、17年ぶりのオリジナル・アルバムで1,408DLを売上げた。 


◎【Download Albums】トップ10
1位『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』椎名林檎 (9,839ダウンロード)
2位『Traveler』Official髭男dism (2,995ダウンロード)
3位『Lift Off』BAD HOP (2,340ダウンロード)
4位『So kakkoii 宇宙』小沢健二 (1,408ダウンロード)
5位『Same Thing』星野源 (763ダウンロード)
6位『DEATH STRANDING:Timefall (Original Music from the World of Death Stranding)』 (744ダウンロード)
7位『花組 大劇場「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」』宝塚歌劇団・明日海りお (656ダウンロード)
8位『あゝオオサカdreamin'night』どついたれ本舗 (649ダウンロード)
9位『ALL TIME BEST』安全地帯 (612ダウンロード)
10位『PTX 日本デビュー5周年記念 グレイテスト・ヒッツ』ペンタトニックス (586ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい