映画『キャッツ』テイラー・スウィフト×アンドリュー・ロイド=ウェバー共同制作のメイキング公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映画『キャッツ』テイラー・スウィフト×アンドリュー・ロイド=ウェバー共同制作のメイキング公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
映画『キャッツ』テイラー・スウィフト×アンドリュー・ロイド=ウェバー共同制作のメイキング公開

映画『キャッツ』テイラー・スウィフト×アンドリュー・ロイド=ウェバー共同制作のメイキング公開


 2020年1月24日より日本公開となる映画『キャッツ』にボンバルリーナ役として出演している世界的アーティストのテイラー・スウィフトと、作曲を手がけるアンドリュー・ロイド=ウェバーが共同制作した新曲「Beautiful Ghosts」のメイキング映像が到着した。

 本映像には、先日スウィフトとウェバーが共同制作したことが発表となった新曲「Beautiful Ghosts」のメイキングや楽曲について語るインタビューの様子が収められている。フランチェスカ・ヘイワード演じる主人公ヴィクトリアの視点を通して描かれる本作にとって、「この楽曲は非常に重要で軸になるパート」と明かすウェバー。テイラーも「最高の歌を作ろうと意気込んだわ」と語るように、最高のタッグが一丸となって制作へ取り組んだことが伺える。

 トム・フーパー監督も自身の期待をはるかに超えていたと驚きと語っており、「テイラーが書いた歌詞は信じられないほど美しかった」と絶賛。そして、テイラーは「T・S・エリオットは独特な言葉や表現を使う詩人だから、それを反映させたくて彼の作品をすべて読んだわ」とストイックな姿勢を明かし、「T・S・エリオットに代わり、このT・S(テイラー・スウィフト)がいるの」とお茶目にコメント。映像の最後に見ることの出来るテイラーが歌う「Beautiful Ghosts」は、本編の最後、エンドクレジット版として披露される予定。



◎公開情報
『キャッツ』
2020年1月24日(金)より、全国ロードショー
監督:トム・フーパー
製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー、スティーヴン・スピルバーグ、アンジェラ・モリソン、ジョー・バーン
キャスト:ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ、ジェニファー・ハドソン、イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソン、フランチェスカ・ヘイワードほか
(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい