『サヨナラまでの30分』アキ(新田真剣佑)&颯太(北村匠海)が歌うリード曲が初公開 プロデュースはandrop内澤 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『サヨナラまでの30分』アキ(新田真剣佑)&颯太(北村匠海)が歌うリード曲が初公開 プロデュースはandrop内澤

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『サヨナラまでの30分』アキ(新田真剣佑)&颯太(北村匠海)が歌うリード曲が初公開 プロデュースはandrop内澤

『サヨナラまでの30分』アキ(新田真剣佑)&颯太(北村匠海)が歌うリード曲が初公開 プロデュースはandrop内澤


 2020年1月24日公開の映画『サヨナラまでの30分』に登場する劇中バンド「ECHOLL」(エコール)のアキと颯太がWボーカルを務めた「瞬間(sayonara ver.)」の特別映像が初公開された。

 この特別映像には、登場人物たちのドラマ性に溢れる様々な表情やキーアイテムのカセットテープなど初公開映像がふんだんに盛り込まれている。一年前に死んだバンドボーカルのアキ(新田真剣佑)の繊細かつ伸びやかな歌声と、アキが遺したカセットテープが再生されるたった30分だけアキに体を貸す颯太(北村匠海)の力強くまっすぐな歌声が、ひとつの体を2人で共有するという劇中設定さながら見事に融合している。

 本作の音楽プロデューサーを、ジャンルレスかつ緻密なサウンドアプローチと、その傑出した音楽性でシーンに頭角を現しているandropのボーカル&ギターの内澤崇仁が担当。内澤はこれまでに、Aimerの「カタオモイ」や映画『君と100回目の恋』の劇中バンドThe STROBOSCORPの「アイオクリ」、上白石萌音の「ハッピーエンド」など、様々なアーティストへ楽曲提供し、高い評価を得ている。映画でも『君と100回目の恋』や『九月の恋と出会うまで』などに楽曲を提供している。本作を彩るオリジナル楽曲の数々を提供したアーティストは今後続々発表される予定だ。


◎公開情報
『サヨナラまでの30分』
2020年1月24日(金)より、全国ロードショー
監督:萩原健太郎
出演:新田真剣佑、北村匠海、久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔ほか
配給:アスミック・エース
(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい