【ビルボード】どついたれ本舗『あゝオオサカdreamin'night』がダウンロードALで初登場首位 ずっと真夜中でいいのに。1stフルアルバムは自身最高位でスタート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】どついたれ本舗『あゝオオサカdreamin'night』がダウンロードALで初登場首位 ずっと真夜中でいいのに。1stフルアルバムは自身最高位でスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】どついたれ本舗『あゝオオサカdreamin'night』がダウンロードALで初登場首位 ずっと真夜中でいいのに。1stフルアルバムは自身最高位でスタート

【ビルボード】どついたれ本舗『あゝオオサカdreamin'night』がダウンロードALで初登場首位 ずっと真夜中でいいのに。1stフルアルバムは自身最高位でスタート


 2019年11月11日付(集計期間:2019年10月28日~11月3日)のBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で、どついたれ本舗の『あゝオオサカdreamin'night』が首位を獲得した。

 『あゝオオサカdreamin'night』は男性声優18人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』シリーズの最新作。9月に大阪・大阪城ホールで行われたライブにて発表されたオオサカ・ディビジョン=どついたれ本舗の初作品で、初週9,654ダウンロードを売上げている。

 続く2位はずっと真夜中でいいのに。の『潜潜話』。フルアルバムとしては初の作品で、初週のダウンロード数は4,113DLに。これまでにリリースされたミニアルバム2作は、いずれも初週3位だったため、自身最高位でのスタートとなった。その他、3位はOfficial髭男dismの『Traveler』、4位はWANIMAの『COMINATCHA!!』、5位は星野源の『Same Thing』と前週からのロングヒット作がチャートイン。また、安全地帯が2017年にリリースした『ALL TIME BEST』が19位から7位へと再浮上となった。なお、安全地帯は11月16日に初の阪神甲子園球場公演を開催する。


◎【Download Albums】トップ10
1位『あゝオオサカdreamin'night』どついたれ本舗 (9,654ダウンロード)
2位『潜潜話』ずっと真夜中でいいのに。 (4,113ダウンロード)
3位『Traveler』Official髭男dism (3,218ダウンロード)
4位『COMINATCHA!!』WANIMA (1,455ダウンロード)
5位『Same Thing』星野源 (1,331ダウンロード)
6位『Purpose』テヨン (1,215ダウンロード)
7位『ALL TIME BEST』安全地帯 (1,126ダウンロード)
8位『IMAGINATION vol.2』 (943ダウンロード)
9位『木梨ファンク~NORI NORI NO-RI~』木梨憲武 (917ダウンロード)
10位『見っけ』スピッツ (896ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい