山本彩、冬のバラード「追憶の光」MVで“儚さ”を表現 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山本彩、冬のバラード「追憶の光」MVで“儚さ”を表現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
山本彩、冬のバラード「追憶の光」MVで“儚さ”を表現

山本彩、冬のバラード「追憶の光」MVで“儚さ”を表現


 山本彩が、2019年11月20日にシングル・リリースする新曲「追憶の光」のミュージックビデオを公開した。

 この楽曲は、作詞・作曲を山本彩自身が手掛け、“当たり前の日常が無くなる、そしてそれが幸せだった”と気付く瞬間を切りとった、冬のバラードになっている。サビの部分は10パターン以上も考え、プロデューサーである小林武史と山本彩本人が“どのサビが一番この楽曲に合っているのか”をとことん追求したという。

 MVでは花びらが散ったり、砂が手からこぼれ落ちたり、イスが燃えたりする描写で、今回の楽曲のテーマでもある“儚さ”を表現。なお、シングルのMVに山本彩が最初から最後まで一人で出演しているのは今回が初となる。



◎リリース情報
シングル『追憶の光』
2019/11/20 RELEASE
<FC限定盤(CD+DVD+Photo Book)>
3,500円(tax out)
<初回限定盤(CD+DVD)>
1,800円(tax out)
<通常盤(CD)>
1,200円(tax out)

アルバム『タイトル未定』
2019/12/25 RELEASE
<FC限定盤(CD+DVD+Photo Book)>
※豪華BOX仕様 (7inchサイズ)
PDCS-1912 / 9,800円(tax out)
<初回限定盤(CD+DVD)>
UMCK-7041 / 4,000円(tax out)
<通常盤(CD)>
UMCK-1644 / 3,000円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい