セレーナ・ゴメス、自身初の全米No.1に「みなさんのことを深く愛しています」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

セレーナ・ゴメス、自身初の全米No.1に「みなさんのことを深く愛しています」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
セレーナ・ゴメス、自身初の全米No.1に「みなさんのことを深く愛しています」

セレーナ・ゴメス、自身初の全米No.1に「みなさんのことを深く愛しています」


 2019年11月9日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”でセレーナ・ゴメスの新曲「Lose You To Love Me」が、前週15位から1位へと浮上し、彼女にとって初の全米首位となった。同曲は、今週のストリーミング・チャート“Streaming Songs”とデジタル・ソング・セールス・チャート“Digital Songs Sales”でも首位をマークしている。

 これをうけて、セレーナは、自身のインスタグラムに「私にとって初のNo.1!」と喜びのコメントを投稿。そして、この曲が収録予定のニューアルバムについて「このアルバムを可能な限り正直で、楽しい作品にすると同時に、私が今人生においてどのような場所にいるか、みなさんとシェアできるぐらいの弱さを持ちながら、懸命に着手しているところです」と綴ると、「みなさんのことを深く愛していますし、(曲を)聴いてくれてありがとうございます。今後絶対に忘れることのない瞬間の一部になってくれた方々全員に感謝したいです」とメッセージを送っている。

 さらには、楽曲の共同ソングライターであるジュリア・マイケルズの投稿をリポストし、「オーマイガッド!本当にありがとう@billboardcharts、私にとって初の快挙!!心から感謝しています」とインスタグラム・ストーリーでも喜びを爆発させている。そして共同ソングライターのジャスティン・トランターの投稿には「みなさん、この曲をストリーミングし、この曲にコミットしてくれてありがとう!これは、私にとって大きな意味があることです!この曲は、私の心すべてです」とコメントし、リポストしている。

 これまで何度も“Hot 100”へ楽曲を送り込んでいるセレーナだが、2015年にリリースした「Same Old Love」、エイサップ・ローキー参加の「Good For You」の5位が最高位で、首位を獲得するのは「Lose You To Love Me」が初めてとなる。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい