スティーヴ・ハリス(IRON MAIDEN)率いるブリティッシュ・ライオン、待望の2ndアルバムリリースへ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スティーヴ・ハリス(IRON MAIDEN)率いるブリティッシュ・ライオン、待望の2ndアルバムリリースへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
スティーヴ・ハリス(IRON MAIDEN)率いるブリティッシュ・ライオン、待望の2ndアルバムリリースへ

スティーヴ・ハリス(IRON MAIDEN)率いるブリティッシュ・ライオン、待望の2ndアルバムリリースへ

ブリティッシュ・ライオンが2020年1月17日にニュー・アルバム『ザ・バーニング』をリリースすることが明らかになった。デビュー作以来、約7年ぶりとなる待望の2ndアルバムだ。

 英ヘヴィメタルの至宝“アイアン・メイデン”のリーダーでありメインソングライター、スティーヴ・ハリス(Ba)率いるブリティッシュ・ライオンは、リチャード・テイラー(Vo)、デイビット・ホーキンズ(Gt)、グレアム・レスリー(Gt)、サイモン・ドーソン(Key)擁する5人組。2018年11月には東京、大阪で来日公演を行っている。

 全11曲を収録したアルバム『ザ・バーニング』はバーンヤード・スタジオで制作され、レコーディング/エンジニア/ミックスをトニー・ニュートン、プロデュースをスティーヴ・ハリスが担当。パワフルなメロディーをフィーチャーした英国HR/HMが凝縮した作品になっているそうだ。

 アルバムのプレオーダーが開始されるとともに、収録曲の新曲「ライトニング」および昨年10月に公開済みの「スピット・ファイア」がダウンロードできる。「ライトニング」は現在、YouTubeでもオフィシャル・オーディオ音源が公開されている。

 今作について、ボーカルのリチャード・テイラーは「俺たちはここ数年『ザ・バーニング』の制作に取りかかってきて、みんな結果にとても満足している。最近のツアーでは収録曲から何曲か披露し始めていて、ファンからは素晴らしいリアクションを得ているから、このアルバムを世界中にシェアできるのをとても楽しみにしているよ。」と語っている。

 スティーヴ・ハリスにとってアイアン・メイデン外で初の音楽プロジェクトとなったブリティッシュ・ライオン。前作『British Lion / 英吉利の獅子』は数々の音楽雑誌で高く評価され、デビュー後から時間の許す限りライブハウス・ツアーやフェスへ参加し、これまで世界24か国でライブを行ってきた。12月にはUKツアー、そして来年1月からはUSツアーを行うことも発表している。

 なお、アルバム『ザ・バーニング』国内盤の詳細については後日発表される予定だ。


◎リリース情報
アルバム『ザ・バーニング』
2020年1月17日発売(国内盤の詳細は後日)
<トラックリスト>
M1. City of Fallen Angels
M2. The Burning
M3. Father Lucifer
M4. Elysium
M5. Lightning
M6. Last Chance
M7. Legend
M8. Spit Fire
M9. Land of the Perfect People
M10. Bible Black


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい