【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」が3.4万DLで通算10週目の首位、LiSA新曲が2位デビュー

2019/10/30 15:11

【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」が3.4万DLで通算10週目の首位、LiSA新曲が2位デビュー
【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」が3.4万DLで通算10週目の首位、LiSA新曲が2位デビュー


 2019年11月4日付(集計期間:2019年10月21日~10月27日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”は、米津玄師の「馬と鹿」が34,004DL(ダウンロード)を売り上げて、通算10週目のNo.1を獲得した。
 前週から約3,000DL増となった「馬と鹿」は、8月26日付チャートで首位デビューを果たして以降1位の座をキープし、10月21日付で2位へ下落したものの、ラグビー効果が後押しして翌週には首位に返り咲いた。他指標でも好調に推移し続けている同曲は、今週ルックアップ2位、動画再生回数3位を記録し、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では3位をキープしている。
 同じくラグビー効果で、前週“Download Songs”2位まで上り詰めたB'zの「兵、走る」は、今週ワンランクダウンの3位となったが、18,364DLと健闘している。このように、前々週よりラグビー関連楽曲がDL数を伸ばし、チャートを上昇しており、今週末にはいよいよ決勝戦が行われるため、次週のチャート・アクションにも注目したい。
 今週唯一のTOP10初登場となったのは、23,437DLを獲得し、2位につけたLiSAの「unlasting」。TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』のエンディングテーマに起用されている同曲は、DLが牽引して、“JAPAN HOT 100”16位に初登場している。DLが強みの彼女は、今週“Download Songs”9位にランクインした「紅蓮華」が、チャートイン27週目のロング・ヒットとなっている。
 アニメ関連楽曲では、 TVアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』エンディング・テーマの藍井エイルの「星が降るユメ」が、今週8位へ上昇。10月19日の金曜日から配信されたため、初週はTOP10を逃し13位に初登場したが、当週は1週間分のDL数が集計されたため、TOP10入りを果たした。

◎【Download Songs】トップ10
1位「馬と鹿」米津玄師(34,004ダウンロード)
2位「unlasting」LiSA(23,437ダウンロード)
3位「兵、走る」B'z(18,364ダウンロード)
4位「Pretender」Official髭男dism(14,061ダウンロード)
5位「白日」King Gnu(12,433ダウンロード)
6位「Phantom Joke」UNISON SQUARE GARDEN(10,660ダウンロード)
7位「イエスタデイ」Official髭男dism(10,442ダウンロード)
8位「星が降るユメ」藍井エイル(10,172ダウンロード)
9位「紅蓮華」LiSA(9800ダウンロード)
10位「Lemon」米津玄師(9448ダウンロード)

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」3.8万DLで8週連続No.1、香取慎吾/日向坂46がTOP10デビュー

    【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」3.8万DLで8週連続No.1、香取慎吾/日向坂46がTOP10デビュー

    Billboard JAPAN

    10/9

    【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」6.5万DLで首位キープ、水樹奈々10位デビュー

    【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」6.5万DLで首位キープ、水樹奈々10位デビュー

    Billboard JAPAN

    8/28

  • 【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」4.4万DLで首位キープ、ヒプマイ最新曲2位デビュー

    【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」4.4万DLで首位キープ、ヒプマイ最新曲2位デビュー

    Billboard JAPAN

    10/2

    【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」17.2万DLで首位獲得、サザン3位に初登場

    【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」17.2万DLで首位獲得、サザン3位に初登場

    Billboard JAPAN

    8/21

  • 【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」7.2万DLで6週連続No.1、三代目JSBが追う

    【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」7.2万DLで6週連続No.1、三代目JSBが追う

    Billboard JAPAN

    9/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す