<ライブレポート>眉村ちあき、嘘か本当か・夢か現実か曖昧なワンマンライブ【過剰なダブルピース】を開催 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<ライブレポート>眉村ちあき、嘘か本当か・夢か現実か曖昧なワンマンライブ【過剰なダブルピース】を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
<ライブレポート>眉村ちあき、嘘か本当か・夢か現実か曖昧なワンマンライブ【過剰なダブルピース】を開催

<ライブレポート>眉村ちあき、嘘か本当か・夢か現実か曖昧なワンマンライブ【過剰なダブルピース】を開催


 眉村ちあきが10月21日に東京・恵比寿 LIQUID ROOMにて【眉村ちあき 東阪ワンマンライブ LIQUIDROOM~過剰なダブルピース~】を開催した。
その他ライブ画像

 “弾き語りトラックメイカーアイドル”を自称する眉村ちあき。そんな彼女のライブを初めて目にしたり、彼女の様々な楽曲を初めて耳にしたりしたとき、誰しもがその統一感のなさに圧倒されただろう。楽曲そのものも然ることながら、彼女の発言や動き、立ち振る舞い、オーディエンスとのコミュニケーションなど、ライブレポートに書くべきだと思われる瞬間があまりに盛りだくさんの公演で、このすべてを文字にすると大変な量になってしまう。
 
 吉田豪扮するトナカイが押すリヤカー(?)の中に入って、マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」を鼻歌で歌いながら、ラフなサンタのコスチューム姿で登場した眉村ちあき。先ほど書いたように、この日は10月21日だ。映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観たあとに作った「Queeeeeeeeeen!」を1発目に披露すると、「今からみんなのこと幸せにします!眉村ちあきです、よろしくー!」と高らかに宣言した。この時点で、眉村ちあきという“弾き語りトラックメイカーアイドル”をどのように受け入れていいのか分からなくなってきた。そして、2曲目に在日ファンクの色を感じる「荻窪選手権」、3曲目に音数の少ないトラックメイキングが特徴の「東京留守番電話ップ」を披露されると、戸惑いはさらに大きくなっていく。しかし、眉村ちあき当人はとても楽しそうで、それを見つめるオーディエンスも幸せそうに見えた。そのような光景を見ることで、私の中では戸惑いと共に何かしらのポジティブな気持ちが生まれるのも確かだった。

 そんな気分を抱きながらも、ライブはどんどん進んでいく。ワルツやギターロックが繰り出されたり、「ナックルセンス」の初めからダイブして会場後方まで行ったりと、とにかく様々なことが急に起こり、急に変化していく様子は、まるで夢の中で見ているような錯覚を感じるほどだった。それは、「ナックルセンス」が終わったあと、「もののけ姫」の替え歌をしたときも、会場全員が「ものの~け~たち~だけ~」と歌ったときも同様である。

 「びっくりした?『ゴッドタン』でしか見たことない人はさ、いっつもさ、びっくりするんだよね。『何、この子?頭がおかしいんじゃないの?』って。でも、そんなことないんです私は。私は冷酷な人間だから」と嘘なのか本当なのか判断しかねることを愛嬌たっぷりに言うと、そのままアコギで即興ソングをEテレ『ビットワールド』でも披露しているメロディに乗せて歌った。そこでは、3年くらい前にギターを持ち始め、まじめな歌詞ばかり書いて何が自分らしい歌詞なのか分からなくなったときに、「LIQUIDROOMでどついたるねんと神聖かまってちゃんのツーマンライブを見たその日から、歌詞なんて自分の思うままにテキトーでルールなんてないって知った~」と歌っていた。その言葉のあまりのリアルさにたじろいでしまった。眉村ちあきのリアルを目の当たりにしたような気がした。もちろん彼女がこれまで披露した楽曲が道化だとは思えないが、即興であることも相まって、あまりの生々しさにまた自分の別の心を持っていかれた。

 新曲「壁みてる」がトラブルで音源が流れなかったときも、眉村は再び即興ソングを歌った。最後に「私は一生音楽を辞めない、誓おーーっ!」と叫んだほどのファンへの強い気持ちを込めた歌を歌い終えると、オーディエンスは大きな拍手を“尊さ”を持って送った。ジャンルにおいての統一さはないものの1曲1曲のクオリティが高い楽曲群と、あまりにリアルな即興ソングと、とどまることなく変化し動いていくこの公演において、はっきりと現実だとは言いがたい雰囲気を眉村ちあきは醸し出していた。

 そして、ここまで様々なMCや即興ソングやオーディエンスとのコミュニケーションを曲の合間で行ってきた眉村は、歌謡曲のテイストを感じる「開国だ」、弾き語りで魅せる「おじさん」、軽快なギターソングに仕上がっていた新曲「あたかもガガ」の3曲を披露している間、そのようなことをほとんど入れずに立て続けに披露していった。そんな眉村ちあきにずっと視線を向けていると、彼女の腹の中というか、頭の中というか、そういったところは一体どうなっているんだろうというライブ冒頭から抱いていた気持ちはどんどん大きくなっていく。オーディエンスの中には、曲に魅了されつつも、彼女の楽曲・行動・発言のバックボーンに対して素朴な疑問が生まれていた人もいただろう。“弾き語りトラックメイカーアイドル”を自称していることも何となく理解できる。

 しかし、お祭りモードを作り上げる「メソ・ポタ・ミア」を披露したあと、本編最後に披露した「大丈夫」で、眉村は私が今まで抱いていた気持ちに対して歌ってくれたように感じた。「大丈夫」という楽曲には、あまりにも眉村自身のパーソナルな感情が込められている。ここにその歌詞は全て載せないが、「私はライブで手応えがなかったと落ち込んでも ネットでは良かったと書かれることもあります」や「今ここにいる私は少なくともすごく楽しかったよ」といった言葉をゆっくりとしたメロディに乗せて歌われると、今まで戸惑っていたことがポジティブな意味でどうでもよくなり、同時に今まであれやこれやと考えていた自分をひどくたしなめた。

 そのようなモードでアンコールを迎えたとき、自分の中に眉村に対する新たな姿勢が生まれたような感じがした。いきなり「奇跡・神の子・天才犬!」で「贈る言葉」を歌ったり、その直後に真摯な歌声で純然たる「本気のラブソング」を披露したり、即興ソングから滑らかに「ピッコロ虫」に繋がっていったり、ダブルアンコールで「ビバ☆青春☆カメ☆トマト」を披露して締まったのか締まらなかったのかよくわからない雰囲気になったりしても、何も問題なかった。そこにいたのはジャンルにとらわれない“眉村ちあき”だったと言えば陳腐に聞こえるが、弾き語りでもトラックメイカーでもアイドルでも何であっても、ステージ上では何をしてもいいんだという当たり前の事実に気づかされた。そして彼女は、そのようなことを意識せず普通にやっているように見えた。


Text by Akihiro Ota
Photo by Yuuki Harada


◎公演情報
【眉村ちあき 東阪ワンマンライブ LIQUIDROOM~過剰なダブルピース~】
2019年10月21日(月)
東京・恵比寿 LIQUID ROOM

<セットリスト>
1. Queeeeeeeeeen!
2. 荻窪選手権
3. 東京留守番電話ップ
4. DEKI☆NAI
5. 夏のラーメンワルツ
6. ブラボー
7. ナックルセンス
8. ほめられてる!
9. ちゃらんぽらん
10. I was born in Australia.
11. 壁みてる
12. 顔面ファラウェイ
13. インドのりんご屋さん
14. 開国だ
15. おじさん
16. あたかもガガ
17. メソ・ポタ・ミア
18. 大丈夫
-ENCORE-
1. 奇跡・神の子・天才犬!
2. 本気のラブソング
3. ピッコロ虫
-DOUBLE ENCORE-
1. ビバ☆青春☆カメ☆トマト


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい