【先ヨミ・デジタル】米津玄師「馬と鹿」が1.7万DLで通算10週首位に大手 LiSA「unlasting」が追う 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】米津玄師「馬と鹿」が1.7万DLで通算10週首位に大手 LiSA「unlasting」が追う

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ・デジタル】米津玄師「馬と鹿」が1.7万DLで通算10週首位に大手 LiSA「unlasting」が追う

【先ヨミ・デジタル】米津玄師「馬と鹿」が1.7万DLで通算10週首位に大手 LiSA「unlasting」が追う


 GfK Japanによるダウンロード・ソング売上レポートから、2019年10月21日~10月23日の集計が明らかとなり、米津玄師の「馬と鹿」が17,979ダウンロード(DL)を売り上げて現在首位を走っている。

 2019年10月28日付(集計期間:2019年10月14日~10月20日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で、31,048DLを売り上げて9度目のNo.1に輝いた「馬と鹿」は、今週前半でもその勢いを維持して、通算10週目のトップに向けて走っている。【ラグビー・ワールドカップ2019】で日本チームはベスト4進出を逃したものの、今週末には準決勝戦が控えており、冷めやらぬラグビー効果によって更なるDLに繋がることが予想される。

 2位は、10月21日より先行フル配信がスタートしたLiSAの新曲「unlasting」が初動3日間で16,314DLを売り上げて、「馬と鹿」を追っている。LiSAは4,280DLで「紅蓮華」が現在8位に入っている。

 大きくジャンプアップを見せているのが、King Gnuの「白日」だ。新曲「傘」が3,695DLで現在10位と好調なキープを見せているなか、「白日」は「傘」を上回る6,053DLを売り上げて現在3位に。19日に放送された『さんまの東大方程式』で「東京藝大音楽学部138人が選ぶ本当に歌が上手い歌手ランキング」の2位に選ばれたことで、King Gnuを知らなかったお茶の間層に大きくリーチしたことが、DL上昇の理由のひとつと考えられる。

 Official髭男dismの「Pretender」(5,869DL)に次いで、10月19日に配信スタートした藍井エイルの「星が降るユメ」が、5,462DLでトップ5に入った。


◎Billboard JAPANダウンロード・ソング集計速報
(2019年10月21日~10月23日の集計)
1位「馬と鹿」米津玄師
2位「unlasting」LiSA
3位「白日」King Gnu
4位「Pretender」Official髭男dism
5位「星が降るユメ」藍井エイル
6位「Phantom Joke」UNISON SQUARE GARDEN
7位「イエスタデイ」Official髭男dism
8位「紅蓮華」LiSA
9位「Lemon」米津玄師
10位「傘」King Gnu


※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成していますが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい