三浦祐太朗、同級生が監督した「RAINY SLUMBER」MVをフル公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三浦祐太朗、同級生が監督した「RAINY SLUMBER」MVをフル公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
三浦祐太朗、同級生が監督した「RAINY SLUMBER」MVをフル公開

三浦祐太朗、同級生が監督した「RAINY SLUMBER」MVをフル公開


 シンガー・ソングライターの三浦祐太朗が2019年10月2日にリリースしたニュー・アルバム『Blooming Hearts』より、アルバムのリード曲でもある「RAINY SLUMBER」のミュージックビデオがフルヴァージョンで公開された。

 『Blooming Hearts』は、オリジナル4曲と母・山口百恵のカバー4曲が収録された全8曲入りのアルバムで、今回MVを公開した「RAINY SLUMBER」は、その中のオリジナルの楽曲である。“RAINY SLUMBER”=“雨のまどろみ” というタイトルをモチーフに、三浦の小学校時代の同級生の藤代雄一朗が監督を務めている。藤代はこれまでにサンボマスターやSEKAI NO OWARI、水曜日のカンパネラ、GLIM SPANKYなどのMVを手掛けており、二人は数年前に同窓会で再会。そこでお互いの仕事について語り合った際、「今度一緒に仕事ができるといいね」と話し、今回のMVを制作することが決まった時、三浦はそれを真っ先に思い、藤代氏にオファーしたそうだ。

 MVについて三浦は「今まで生きてきた中で一番雨に打たれました。同級生である藤代監督とタッグを組めたこと本当に嬉しく思っています。曲の世界観を映像で見事に表現してくれました。「喪失」「未練」そう言ったものを昇華できずにいる様を感じていただければと思います。」と、見どころを語った。また、監督の藤代氏は、「今回の映像では、『水越しに映る世界』を男性が思い馳せる過去の女性との記憶が映る世界として表現しようと考えました。水面に映る世界と、その反対側の世界を意識させるようにしたかったです。」と話した。
 
 現在三浦は、自身初の47都道府県ライブツアーとなる【三浦祐太朗 Live Tour “47 MELODIES”】を実施中。毎週末は全国各地でライブを行っており、今後の公演は全て完売となっている。今回MVを制作した「RAINY SLUMBER」も9月7日の岩手公演から披露し、ファンの反応も上々。山口百恵のカバー曲「ありがとうあなた」が中国でのランキングでトップ10入りするなど、日本のみならず中国でも注目を集めている。

◎リリース情報
アルバム『Blooming Hearts』
2019/10/2 RELEASE
TYCT 60146 2,500円(tax out.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい