MONO NO AWARE、言葉遊びに長けたバンドが掲げる「言葉がなかったら」をMVで表現 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

MONO NO AWARE、言葉遊びに長けたバンドが掲げる「言葉がなかったら」をMVで表現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
MONO NO AWARE、言葉遊びに長けたバンドが掲げる「言葉がなかったら」をMVで表現

MONO NO AWARE、言葉遊びに長けたバンドが掲げる「言葉がなかったら」をMVで表現


 MONO NO AWAREが、2019年10月16日にリリースしたニュー・アルバム『かけがえのないもの』より、リード曲「言葉がなかったら」のミュージックビデオを公開した。

 映像監督は、MONO NO AWAREの作品を手掛けるのは初となる山田健人。言葉遊びに長けたバンドが掲げる、もし「言葉がなかったら」というテーマを映像表現した作品となっている。

 なお、11月21日よりスタートする全国7都市での初のワンマンツアー【マジでかけがえのないものツアー】チケットの一般発売が、10月19日よりスタートする。



◎リリース情報
アルバム『かけがえのないもの』
2019/10/16 RELEASE
<CD>PECF-3242 / 2,500円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい