新しいことを始めて気づくこと【世界音楽放浪記vol.69】

2019/10/21 08:01

自家用車がない間も、全国各地でいろいろなレンタカーを運転していた。カーステレオから流れる地元局のローカル番組を聴くのが、旅の楽しみの一つだ。何度も訪れている地域だと、知らず知らずのうちに、馴染みのDJや、好みの番組が出来たりする。ラジオ番組を制作しはじめて真っ先に思い浮かんだ空間は、そんな「車の中にいるリスナー」だった。

あわせて読みたい

  • 「演出」と「やらせ」の大きな差異【世界音楽放浪記vol.65】

    「演出」と「やらせ」の大きな差異【世界音楽放浪記vol.65】

    Billboard JAPAN

    9/24

    ラジオから生み出される20年代の流行歌【世界音楽放浪記vol.44】

    ラジオから生み出される20年代の流行歌【世界音楽放浪記vol.44】

    Billboard JAPAN

    4/22

  • 自分の軌跡をまとめ直すこと【世界音楽放浪記vol.57】

    自分の軌跡をまとめ直すこと【世界音楽放浪記vol.57】

    Billboard JAPAN

    7/22

    「いろはのい」は変わらない【世界音楽放浪記vol.68】

    「いろはのい」は変わらない【世界音楽放浪記vol.68】

    Billboard JAPAN

    10/15

  • 忘れられない夏の終わりの1週間【世界音楽放浪記vol.62】

    忘れられない夏の終わりの1週間【世界音楽放浪記vol.62】

    Billboard JAPAN

    9/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す