カーディ・B&チャンス・ザ・ラッパー、2020年の米大統領選挙でトランプ大統領が再選されるかもしれないと嘆く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カーディ・B&チャンス・ザ・ラッパー、2020年の米大統領選挙でトランプ大統領が再選されるかもしれないと嘆く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
カーディ・B&チャンス・ザ・ラッパー、2020年の米大統領選挙でトランプ大統領が再選されるかもしれないと嘆く

カーディ・B&チャンス・ザ・ラッパー、2020年の米大統領選挙でトランプ大統領が再選されるかもしれないと嘆く


 2019年10月15日、カーディ・Bとチャンス・ザ・ラッパーが、T.I.のポッドキャスト『expediTIously』に出演した。この3人は、審査員として出演しているNetflixのラップ・オーディション番組『リズム+フロー』のプロモーションの一環として、一緒にメディアに出る機会が増えている。

 政治的な意見も含め、自分の考えを普段から直接ファンに発信しているカーディだが、今回のポッドキャストでも、「本当に言いたくないけど、トランプ(米大統領)が勝つだろうって思っちゃう時があるんだよね」と、2020年の米大統領選挙について自身の見解を述べている。チャンスもこれに同意し、トランプ大統領が一番支持層が厚いのではと話している。

 カーディは、「だってさ、“どの民主党候補が大好き”とか誰も言わないんだもん。みんなが大好きで、勝ってほしい思う候補がいないんだよ」と嘆いている。彼女は、2016年の大統領選の予備選挙に出馬し、2020年も立候補しているバーニー・サンダース上院議員を支持していると発言し、改善してもらいたい米国のさまざまな問題について彼と直接意見を交わしたこともある。

 彼女は、「本当は全ての候補者と同じことをしたいんだけど、時間がなくって。自分のファンの人たちにね、候補者に答えてもらいたいことがあれば質問してほしかった。あと、私はずっとバーニーのファンだったし。彼はすごく情熱があると思っててさ、だから彼に、“多くの人は、あなたがやろうとしていることは不可能だ、あなたは進歩的すぎる、不可能だって考えてるよ”って聞いてみたかったんだ」と説明している。

 また、カーディはトランプ大統領の支持層について、自分のためにならない政策を大統領が掲げていても、マイノリティーや周縁化された人々を排除するために投票するよう騙されていると述べている。「あいつはメディケアを取り上げたいとか毎回言うわけ。メディケアに加入してる貧乏な白人男性は、あいつがそう言っても気にしないんだよ。ただメキシコ人が嫌いだからいなくなってほしいってことしか気にしていない」と彼女は話している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい