ロザリア、J.バルヴィンとのコラボ曲「Con Altura」MVのYouTube再生回数が10億回を突破

Billboard JAPAN

 人気急上昇中のスペイン人シンガー/ソングライターのロザリアが、J.バルヴィンとプロデューサーのエル・グインチョとタッグを組んだ「Con Altura」のミュージック・ビデオのYouTube再生回数が、公開から約7か月で10億回を突破した。
 Director Xが監督を務めたMVは、3人がプライベート・ジェットの中で、パーティーする様子を捉えており、カラフルな衣装をまとったロザリアはダンサーたちと情熱的なフラメンコ風ダンスを披露している。
 2019年3月末に公開されたMVは、YouTubeで最も人気のある動画のグローバル・リストに28週間にわたりランクイン。8月末に開催された【MTVビデオ・ミュージック・アワード】(VMA)では、<最優秀振付賞>と<最優秀ラテン賞>を受賞し、【VMA】に輝いた初のスペイン人アーティストとなった。
 現在MVは、YouTubeのトップ・ミュージック・ビデオ・ランキング3位につけており、同社によると女性アーティストによる、2019年公開の最も成功したMVとなっている。
 ロザリアが、10億再生を記録するのは今回が初だが、コロンビア出身のJ.バルヴィンはリード・アーティスト、フィーチャー・アーティストとして、これまで7本の動画が10億再生を突破しており、ラテン・アーティストでは、オスナとタイ記録となっている。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック