『10月13日はなんの日?』サイモン&ガーファンクル、ポール・サイモンの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『10月13日はなんの日?』サイモン&ガーファンクル、ポール・サイモンの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『10月13日はなんの日?』サイモン&ガーファンクル、ポール・サイモンの誕生日

『10月13日はなんの日?』サイモン&ガーファンクル、ポール・サイモンの誕生日


 10月13日はサイモン&ガーファンクルとして、ソロとして成功を収めているシンガーソングライター、ポール・サイモンの78歳の誕生日。

 ポール・サイモンは1941年10月13日、アメリカ・ニュージャージー州生まれ。1964年に旧友アート・ガーファンクルとともにサイモン&ガーファンクルとしてアルバム『水曜の朝、午前3時』でデビュー。「サウンド・オブ・サイレンス」(1965年)、「ミセス・ロビンソン」(1968年)など、美しいハーモニーと知的な歌詞の世界観でチャートを席巻し、一世を風靡した。サイモン&ガーファンクルは『明日に架ける橋』(1970年)をチャート首位に送り込んだのち、活動を休止しているが、その後も何度か再結成しコンサート活動をおこなっている。度々「音楽性の違い」により衝突をしてきた2人は、犬猿の仲である一方、家族のような存在でもあるという。サイモン&ガーファンクルは1990年にロックの殿堂入りを果たしている。

 70年代以降はソロ・アーティストとしても全米ビルボードNo.1ヒットを世に送り出し、グラミー賞も獲得。また、アフリカの民族音楽を取り入れた『グレイスランド』(1986年)やブラジルのミュージシャンとともに制作した『リズム・オブ・ザ・セインツ』(1990年)、アンビエント・ミュージックの巨匠ブライアン・イーノを迎え電子音楽に挑んだ『サプライズ』(2006年)など、つねに新境地を開拓しながらヒット作を生み出す姿勢は、多くのメディアやファンから賞賛を浴びている。

 昨年【Homeward Bound / The Farewell Tour】をもってツアー引退を表明したサイモンだが、その後もTV番組でパフォーマンスを披露しているほか、今年8月にはハワイ・マウイ島でコンサートを行っている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい